俺の夢 施工管理求人ナビ リクナビNEXT
建設業界に特化

HPで求人をみる▼

高収入求人が豊富

HPで求人をみる▼

大手の安心感

HPで求人をみる▼

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の働き方別メリットとデメリット » 派遣社員として働く施工管理

派遣社員として働く施工管理

体質が古いと言われる建設業界ですが、雇用形態はさまざま。派遣社員として活躍する施工管理技士も多く存在しています。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

派遣社員のメリット・デメリット【施工管理】

【メリット】

  • やりたい仕事に集中できる。
  • さまざまな企業で、多くの現場を経験できる。
  • 経験実績があれば、60代以上でも仕事を継続できる。
  • 求職活動を派遣会社が代行してくれる。

【デメリット】

  • 安定感に欠ける。
  • キャリアとして評価されない場合もある。

施工管理技士の派遣社員の特徴

派遣社員は正社員と違い、与えられた業務に集中することができます。

派遣社員の雇い主は建設会社ではなく、派遣会社。現場の待遇などがひどい場合は、派遣会社に相談することも可能です。このため人間関係や社風などについて、必要以上にストレスを溜め込まなくても済むのです。

また派遣会社は登録者の希望や実績経験、そして資格などを考慮したうえで、派遣先を考えてくれるため、正社員のように「専門性の薄い現場に回される」心配は少なくなっています。現在の現場の間に、次の現場探しも代行してもらえるのもうれしいですね。

その反面「業界全体の景気に左右されやすい」という心配は、常に付きまといます。また派遣社員は「与えられた仕事だけをこなす」存在になりがち。このため、いつの間にか受け身な姿勢が身に付いてしまう人も多くなっています。

後になって正社員職を求めても、応募先で正当に評価してもらえないケースも…。やる気や熱意を持続できないと、流されてしまう可能性も高いので、注意してください。

雇用形態による待遇の違い

平均給与

給与面では正社員のほうが高いと思われがちですが、知識や経験が大きく評価される施工管理技士といった仕事では、派遣社員のほうが大幅に給料が高くなることも少なくありません。

もちろん、あまり経験がない状態で正社員よりも上を目指すのはなかなか難しいのですが、経験を積めば積むほどそれを給料に反映してくれる派遣会社もあるので、そういったところを選んでおけば平均給与が正社員や契約社員を上回ることも多いのです。

ただ、注意しなければならないのが、正社員と違って毎年の昇給がないということが挙げられます。

正社員だと年齢を重ねるにつれて昇給があり、役職に就けば役職手当も加算されますよね。更に正社員だとボーナスもあるので、年収を比較すると派遣社員よりも収入が上になるケースがほとんどです。

派遣社員でできるだけ稼げる人間になりたいと考えているのなら、実力をしっかり考慮してくれて資格手当や交通費の支給も用意されている派遣会社を選ぶことが大切になります。

福利厚生

派遣社員として採用されると福利厚生がないのではと考えている方もいますが、そうではありません。

勤務先の福利厚生は適用されませんが、派遣会社の方の福利厚生を受けられるからです。

特に技術職である施工管理技士の場合は、専門性が高い人物を逃さないために福利厚生に力を入れて派遣会社もたくさんあります。

反対に、正社員でも福利厚生が整っていない会社もあるので、場合によっては派遣社員の方が好待遇な福利厚生になることも珍しくないのです。

また、企業によっては正社員の福利厚生は充実しているものの契約社員の福利厚生があまり整えられていないところもあるため、契約社員と比べても派遣社員の方が優遇された福利厚生を受けられることも多いといえます。

保険に関しても同じで、派遣会社というと社会保険や労働保険に入れないケースが多かったのですが、近年はそういったことに対して対策を取っている派遣会社も増えてきました。 ただ、派遣社員として一定の労働条件を満たさなければ適用されないことが多く、その条件は派遣会社によって様々です。

気になる派遣会社があるのなら、どのような福利厚生が用意されているのか、適用のための条件はどうなっているのかよく調べてみましょう。

派遣社員として転職するために必要なこと

資格

やはり、できる限り資格を取得したほうが良いです。未経験から始める場合は資格を取得するために実務経験が必要なのでまずは働き始めることが大切ですが、すでに実務経験で受験資格を満たしている方は転職活動をしながら資格取得も目指してみてはどうでしょうか。

特に、正社員として働いていたものの、派遣社員の働き方を見てそちらに魅力を感じ、派遣社員としての転職を検討している方もいるでしょう。こういった方は資格を取得した上で転職することにより、初めから好待遇を受けることも不可能ではありません。

経験や資格手当などに力を入れている派遣会社が見つかれば、正社員時代よりも高い給料をもらうことも無理ではないのです。

未経験から始める場合は資格取得のための受験条件を満たしていませんが、それでも資格取得に向けて個人的に勉強することはできますよね。

勉強していく中で実際に働き始めた後に役立つ知識や情報も身に付けられるので、知識量を増やしていきましょう。

経験

やはり、経験は積んでおいたほうが良いです。

といっても、未経験だと絶対に派遣社員として採用してもらえないというわけではありません。

実際に未経験者歓迎としているところも多いといえます。ただ、その場合は研修がしっかり整えられているところを選択しましょう。ほとんど研修がない派遣会社を選択してしまうと、転職失敗のリスクが高くなってしまうからです。

技術職ということもあり、きちんと事前に勉強できる環境が整っていないと、現場に出た時に何をすれば良いのかわからなくなってしまいます。

派遣会社によって未経験者向けの研修制度が整っているのか、それとも経験者を優遇して採用しているのかはかなり違いが大きいです。給料を重視してしまうと経験者優遇であまり研修が用意されていないところを選択してしまう失敗も多いので、気をつけておかなければなりません。

面接対策

これまでに正社員として施工管理技士の仕事をしたことがある方は、その元まで得た知識や技術についてしっかりアピールしていきましょう。

現場によって求められる知識などは変わりますが、専門性があると強いです。正社員として働いていた時にどのような実績を出したのか、企業に対してどう貢献したのかなどを自分の言葉でまとめておきましょう。

続いて未経験から派遣社員として施工管理技士にしたいと考えている方は、コミュニケーション力をアピールすることが重要です。

施工管理技士になると、現場では様々な立場の職人や近隣住民とコミュニケーションを取らなければなりません。

未経験では知識や経験において経験者に比べるとデメリットがあるため、コミュニケーション能力だけは磨いておきたいですね。

もちろん、経験者、未経験者どちらの場合も清潔感が感じられる服装や髪型などで挑むのは面接の基本です。

十分に注意しておかなければなりません。

本当に自分に合う働き方とは

「派遣社員だなんて、大丈夫?」という意識は、まだ世間に根強く残っています。とは言え、劣悪な労働環境を苦にした自殺などの事件が取り沙汰されている現代では、人々の意識にも変化が生まれつつあります。「大企業の正社員だからといって、幸せとは限らない」と考える人が増えているのです。

また50代以上の施工管理技士が転職を目指す場合、改めて正社員になるよりも派遣社員として働く方が、ずっとスムーズというケースもあり得ます。何が最も幸せな働き方なのかは、本人にしかわからないのかもしれません。

もし雇用形態について迷っているなら、施工管理の求人情報を専門に取り扱う転職サイトに相談を。個別相談など、対面のカスタマーサービスも用意されており、業界の最新情報を熟知しているスタッフに無料で相談することができます。気軽に活用してみてくださいね。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧