俺の夢 施工管理求人ナビ リクナビNEXT
建設業界に特化

HPで求人をみる▼

高収入求人が豊富

HPで求人をみる▼

大手の安心感

HPで求人をみる▼

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の働き方別メリットとデメリット » 正社員として働く施工管理

正社員として働く施工管理

このページでは、正社員として施工管理職に就く際に生じる、メリット・デメリットを調べています。

正社員のメリット・デメリット【施工管理】

建築業における工程、安全、品質などの責任者である、施工管理者。「現場監督」という名前で呼ばれることもあります。「施工管理技士」という国家資格も用意されており、工事現場には必要不可欠な人材です。

その雇用形態はさまざまで、正社員から契約社員、そして派遣社員もあります。この点は他の業種と変わりありません。

以下では最もスタンダードな雇用形態である「正社員」として働く場合の、メリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

  • 安定感がある。
  • 社内でも重要な現場を任されるため、経験値を高めやすい。その実績は、自身のキャリアとしても認められる。
  • ボーナスや昇給など、正社員でなくては得られない、金銭的な恩恵に預かれる。

【デメリット】

  • 異動があり、自分自身が希望している現場を担当できないことも多い。
  • 転勤や単身赴任の可能性が付きまとう。
  • 社内の人間関係や派閥に煩わされる可能性がある。
  • 企業の体質により、報酬や待遇に大きな差がある。

施工管理技士の正社員の特徴

正社員という雇用形態は、安定感の高さが魅力。これは建築業に限った話ではありません。特に親世代の間では評判が良いため、周囲からの理解や協力を得やすくなるでしょう。

また企業が、契約社員や派遣社員よりも正社員を大切にするのは、当たり前。複数の中でも、最も重要な現場を担当できれば、自身のスキルアップに繋がっていきます。

その反面、異動や転勤に悩まされることも。またブラック企業に属してしまうと、サービス残業を強いられたり、薄給で労力を搾り取られてしまう可能性があります。

なお建設業界の正社員募集は、大都市に多くなっています。地場コンの場合、景気の悪化に業績を左右されやすいという心配もありますので、会社選びは慎重に行わなければなりません。

雇用形態による待遇の違い

平均給与

月々もらう給与に関しては、正社員よりも派遣社員のほうが高くなることがあります。もちろん、これは職場によっても変わってきますが、正社員である自分よりも派遣社員のほうがかなり多い金額をもらっていて驚いた経験のある方もいるのではないでしょうか。

これは、経験が豊富な派遣社員は、その実績が報酬に反映されるからです。それに、派遣社員の場合は雇用先が勤務先ではなく派遣先となるため、正社員のようにサービス残業に悩まされることなく、きちんと分単位で給料に反映されるのも大きな理由だといえるでしょう。

施工管理技士の場合は資格に対する手当がしっかりつく会社もあるため、そういった点で見ると正社員よりも平均給与が高くなることがあります。

ただ、ボーナスなどの関係もあるので、必ずしも派遣社員のほうが収入が上になるとはいえません。

なによりも正社員は安定しているのが魅力。突然契約期間が満了になり、更新ができないなどの心配もありません。

それに、正社員はほとんど交通費が支給されますが派遣社員の場合はそうとは限らないのです。

ちなみに、契約社員の給与は正社員よりも低いのが一般的で、ボーナスなしとしている職場もたくさんあります。

福利厚生

派遣社員と比べた場合の大きな特徴ともいえるのが、福利厚生の違いです。

正社員として採用されていると、自分が勤めている会社の福利厚生が適用されますが、派遣社員の場合は派遣会社の福利厚生を受けることになります。

近年は福利厚生が充実している派遣会社も増えてきているものの、中にはほとんど整っていないところもあるため、充実した福利厚生を望んでいるのであれば正社員として採用された方が安心です。

また、契約社員や派遣社員として契約していると雇用形態が安定しないこともありますが、正社員だと定年まで働くことができるのが一般的なので、退職金やボーナスといった魅力も見逃せません。

契約社員と違って、契約期間の心配がないのも大きな魅力だといえるでしょう。契約社員でも正社員雇用の可能性はゼロではありませんが、正社員になれると信じて働いていたものの、契約が更新されなかった場合には新たな仕事を探さなければなりません。

正社員として転職するために必要なこと

資格

現在契約社員や派遣社員として施工管理技士の仕事をしているけれど、正社員になれるように転職したいと考えているのなら、資格を取得すると近道です。

日本の建設業で施工管理技士の仕事で役立つ国家資格は複数用意されているので、その中から自分にとって特に興味のあるものに挑戦してみてはどうでしょうか。

資格を取得する際には、自分がどのような現場で施工管理技士として活躍していきたいのかを考え、それに合っている資格を取得することが重要です。

もちろん、ただ資格を取得するだけでなく、内容について十分に理解し、それを現場で役立てられるよう工夫することが大切になります。

例えば、電気や通信などの工事現場に関する施工管理技士になりたいのなら、土木施工管理技士や建築施工管理技士の資格よりも優先的に「電気工事施工管理技士」を取得するなど。

無資格でも施工管理技士として働くことは可能ですが、正社員への就職を目指している方は資格取得を目指しましょう。

経験

施工管理技士というと、必ず資格が必要になるように感じるかもしれませんが、そもそも資格を取得するためには実務経験が必要です。

まずは派遣社員や契約社員として雇用してもらい、そこで実務経験を積むのが良いでしょう。

資格を取得するにしても、例えば2級施工管理技士の受験資格を得ようと思った場合、一般的な大学を卒業してから一年半の実務経験が必要になるのでまずはこれをクリアすることが大切です。

ここで重要なのが、ただ単に「1年半働いて受験資格を満たせば良い」と考えるのではなく、将来的に受ける資格のために、日々知識と技術を磨いていくということ。

資格を所持せずに施工管理技士として働いている人も確かにいますが、将来的には資格取得を目指しましょう。

正社員として転職する場合にも、資格のほかに重視されるのは経験です。経験豊富な人だと、すぐに現場で活躍する能力が備わっているので、採用する側も前向きに検討しやすくなるでしょう。

面接対策

正社員は、契約社員や派遣社員に比べると採用の難易度が高いです。だからこそ給料が安定していて充実した福利厚生が用意されているわけですよね。

きちんと面接対策をして転職に挑みましょう。

面接でよく聞かれることが多いのは、一般的な質問である転職の理由のほか、これまでの経験やキャリアプランに関することです。

ただ単に「この職場で働きたい」という意欲を見せるだけでなく、その会社にとって自分がどのように役に立つ技術・知識を持っているのかアピールすることが重要になるといえるでしょう。

資格を取得した後に面接を受けるのなら資格についてアピールするのも効果的ですし、資格取得前に面接を受けるのなら資格の取得に向けての明確な目標を伝えることがポイントになってきます。

施工管理技士といえば現場をまとめる立場にもあるわけなので、回答があいまいだったり、頼りないと感じられると採用の可能性が低くなってしまいます。このあたりも注意してみましょう。

自分に合う働き方を見極めることが大切

「最も胸を張れる雇用形態は、正社員」という意識は、まだ世間に根強く残っています。特に家族を養う必要がある人にとって、その安定感は魅力的に映るでしょう。

とは言え、誰もががむしゃらに働いた高度経済成長期と現代では、働き方の意識に大きな差が生まれつつあります。

就職先や転職先を選ぶ際は「自分が最も働きやすい雇用形態は、どれなのか」をいま一度見直す必要もありそうです。

施工管理の求人情報を専門に取り扱う転職サイトには、個別相談などのカスタマーサービスも設けられていますので、ぜひ相談を。業界の最新情報を熟知しているスタッフと話をすることで、今後のキャリア展望が開けやすくなりますよ。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧