今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の働き方別メリットとデメリット » 正社員として働く施工管理

正社員として働く施工管理

このページでは、正社員として施工管理職に就く際に生じる、メリット・デメリットを調べています。

正社員のメリット・デメリット【施工管理】

建築業における工程、安全、品質などの責任者である、施工管理者。「現場監督」という名前で呼ばれることもあります。「施工管理技士」という国家資格も用意されており、工事現場には必要不可欠な人材です。

その雇用形態はさまざまで、正社員から契約社員、そして派遣社員もあります。この点は他の業種と変わりありません。

以下では最もスタンダードな雇用形態である「正社員」として働く場合の、メリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

  • 安定感がある。
  • 社内でも重要な現場を任されるため、経験値を高めやすい。その実績は、自身のキャリアとしても認められる。
  • ボーナスや昇給など、正社員でなくては得られない、金銭的な恩恵に預かれる。

【デメリット】

  • 異動があり、自分自身が希望している現場を担当できないことも多い。
  • 転勤や単身赴任の可能性が付きまとう。
  • 社内の人間関係や派閥に煩わされる可能性がある。
  • 企業の体質により、報酬や待遇に大きな差がある。

施工管理技士の正社員の特徴

正社員という雇用形態は、安定感の高さが魅力。これは建築業に限った話ではありません。特に親世代の間では評判が良いため、周囲からの理解や協力を得やすくなるでしょう。

また企業が、契約社員や派遣社員よりも正社員を大切にするのは、当たり前。複数の中でも、最も重要な現場を担当できれば、自身のスキルアップに繋がっていきます。

その反面、異動や転勤に悩まされることも。またブラック企業に属してしまうと、サービス残業を強いられたり、薄給で労力を搾り取られてしまう可能性があります。

なお建設業界の正社員募集は、大都市に多くなっています。地場コンの場合、景気の悪化に業績を左右されやすいという心配もありますので、会社選びは慎重に行わなければなりません。

自分に合う働き方を見極めることが大切

「最も胸を張れる雇用形態は、正社員」という意識は、まだ世間に根強く残っています。特に家族を養う必要がある人にとって、その安定感は魅力的に映るでしょう。

とは言え、誰もががむしゃらに働いた高度経済成長期と現代では、働き方の意識に大きな差が生まれつつあります。

就職先や転職先を選ぶ際は「自分が最も働きやすい雇用形態は、どれなのか」をいま一度見直す必要もありそうです。

施工管理の求人情報を専門に取り扱う転職サイトには、個別相談などのカスタマーサービスも設けられていますので、ぜひ相談を。業界の最新情報を熟知しているスタッフと話をすることで、今後のキャリア展望が開けやすくなりますよ。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧