今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の働き方別メリットとデメリット » 契約社員(嘱託)として働く施工管理

契約社員(嘱託)として働く施工管理

施工管理の雇用形態はさまざまです。
このページでは、契約社員として施工管理職に就く際に生じる、メリット・デメリットを調べています。

契約社員のメリット・デメリット【施工管理】

【メリット】

  • ある程度自分自身のペースを守りながら仕事ができる。
  • さまざまな企業で、多くの現場を経験できる。
  • 経験実績があれば、60代以上でも仕事を継続できる。

【デメリット】

  • 安定感に欠ける。
  • 報酬は正社員に比べて劣る。

施工管理技士の契約社員の特徴

契約社員は雇用期間が限定されており、更新を行うためには、新たな契約が必要となります。このため「かなりハードな現場を終えたばかりだから、少し休みたい」など、自分のペースを守りながら仕事をすることが可能。ひとつの会社に縛られず、さまざまな現場を経験できることも魅力です。70代で嘱託として活躍する契約社員の施工管理技士も、数多いそうですよ。

また契約社員は派遣社員と違い、企業と直接契約します。正社員に比べると報酬は少なくなりますが、派遣会社にマージンを抜かれる心配はありません。

時には「重要なプロジェクトを任せてもらえない」というジレンマを感じることもありますが、このあたりは契約先との関係性(元正社員である、など)によって違いが生じやすいため、一概には言えません。

自分に合う働き方を見極めよう

「契約社員だなんて、大丈夫?」という意識は、まだ世間に根強く残っています。とは言え、過労死などが取り沙汰されている現代では、人々の意識に大きな変革が生まれつつあります。正社員であるがゆえに、意味のない苦労を背負う働き方を、疑問視する人も増えているのです。

また50代以上の施工管理技士が転職を考える場合は、改めて正社員を目指すよりも契約社員として働いた方が、生活全体の質が向上する、というケースもあり得ます。何が最も幸せな働き方なのかは、本人にしかわからないのかもしれません。

もし雇用形態について迷っているなら、施工管理の求人情報を専門に取り扱う転職サイトに相談を。

個別相談などのカスタマーサービスが設けられており、業界の最新情報を熟知しているスタッフに相談することができます。ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧