今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の働き方別メリットとデメリット

施工管理の働き方別メリットとデメリット

このカテゴリでは、施工管理の働き方について調べています。

とにかく残業時間が多いことで知られている、建設業界。天候に左右されやすいという特性があるため、後れを取り戻すためには致し方ありません。

他の業界では重視されている「36(サブロク)協定」や、「働き方改革」もどこ吹く風…?ある意味では、世間の常識から取り残されつつある業界なのかもしれません。

とは言え飲食業など、似たような特性を持つ業界は、他にも多く存在しています。

また建設業の平均年収は他の業界よりも高い数値を示しており、従事する人も熱意を以て、仕事に取り組んでいるのは事実です。

そんな建設業界ですが、近年、雇用形態に関しては他の業界同様の多様性が生まれてきました。

正社員はもちろん、契約社員として活躍する人の数は増加していますし、派遣会社を間に挟む派遣社員の数は、増加の一途をたどっているようです。

本カテゴリには、施工管理技士の雇用形態について、以下のページを設けてみました。

施工管理の正社員

最もスタンダードな雇用形態として、周囲の人たちからも好評を得やすいのが、正社員です。

施工管理の仕事においても、正社員の安定感の高さは最大のメリットですが、デメリットもないわけではありません。その詳細を紹介していますので、ぜひ確認を。

施工管理の転職、正社員について詳しく見る

施工管理の契約社員(嘱託)

期間限定の社員でありながら、労働者が直接企業と契約を交わすのが、こちらの雇用形態です。施工管理の業界における契約社員は、嘱託としても意味合いを持つことも多いようです。企業との関係性によって、感じられるメリット・デメリットにも差が生まれてきそうです。

施工管理の転職、契約社員(嘱託)について詳しく見る

施工管理の派遣社員

派遣会社があらかじめ適性を考えたうえで、現場を斡旋してくれるのが、この雇用形態です。施工管理の仕事において、派遣社員の年収は比較的高いようです。正社員と比べると安定性に欠ける部分もありますが、年収以外のメリットも…。

施工管理の転職、派遣社員について詳しく見る

ぜひ各ページの内容に目を通し、それぞれのメリット・デメリットを確認してみてください。

そして「今の自分に合う働き方は、どれなんだろう?」と考え直すための、一材料にしていただければと思います。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧