今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 資格を持っていると給料アップ!施工管理技士の種類 » 建築施工管理技士

建築施工管理技士

このページでは、建築施工管理技士の特徴や年収について調べています。

建築施工管理技士の年収

建築施工管理とは住宅やマンション、ビルなどの工事現場の管理監督をする仕事です。

「建築施工管理技士」とは、国土交通大臣が認定する国家資格で、30年以上の歴史があり、1級と2級の2種類が用意されています。

【建築施工管理技士の年収】

300万円~400万円

年収は1級を取得しているか、2級を取得しているかによって開きがありますが、近年は人手不足の傾向が強いため、有資格者は応募の際に優遇されることは間違いありません。

建築施工管理技士資格取得のメリット

■メリット…
1級建築施工管理技士は、営業所ごとに置かなければならない「専任技術者」、工事現場ごとに置かなければならない「主任/監理技術者」となることが認められています。

どの企業にとっても欲しい人材ですので、ある程度高齢でも需要が見込まれます。年齢が若ければ引く手あまたとなるでしょう。

■資格を活かせる現場…
住宅、マンション、ビルなどの工事

有資格者の声をチェック

資格手当が支給されるので助かっています
業務内容のわりに給与が低いという不満はありますが、資格手当が支給される分、助かっています。また顧客や職人から一目置かれる存在として、仕事に臨めます。

現場管理者の実務を行わないなら…
資格取得はそれほど難しくないのでは、と思う。どうせなら集中して勉強し、1級と2級を併せて取得したいところ。ただ現場管理者の実務を行わなければ、旨味のない資格である。

若い有資格者なら優遇されます
有資格者の数が少ないため、求人は多いです。経験が浅くても若い有資格者なら、かなり優遇されるでしょう。ただしブラック企業も多い業界なので、選択は慎重に。

建築施工管理技士資格の取得法

建築施工管理技士1級の受験日は年に1度しか設けられていません。半月程度の募集期間内に出願し、数ヶ月後の受験に臨みます。

2級の学科試験は平成29年より年2回化を先行で行い、平成30年より正式に試験が年2回化になりました。1回目はは学科のみ、2回目は学科と実地の両方を受験できます。

※2級建築施工管理技術検定について、平成30年度の試験より、学科試験の種別が廃止し、共通の試験として実施。実地試験については、今まで通り、3種別(「建築」「躯体」「仕上げ」)で実施。

受験資格には、実務経験が必要

建築施工管理技士資格試験を受験するためには「受験資格」が必要となります。

具体的には実務経験なのですが、1級の場合、大卒者は指定学科卒業後3年以上(指定学科以外の場合4年6ヶ月以上)の実務経験で受験できるのに対し、短期大学や5年制高等専門学校卒者は指定学科卒業後5年以上(指定学科以外の場合は7年6ヶ月以上)、高卒の場合は指定学科卒業で10年以上(指定学科以外の場合は11年6ヶ月以上)、その他(最終学歴問わず)の場合は15年以上の実務経験を積んでいないと、受験できなくなっています。

2級の学科試験に関しては、満17歳以上であれば、実務経験なしでも受験できるようになりましたが、実地試験では実務経験が必要となります。

その合格率は1級、2級ともに40%以下と、なかなかの難関です。また実地試験のみ不合格になることも多く、その場合は次年度に学科免除で再試験に臨みます。

有資格者の転職

「建築施工管理技士の資格を持っているのに、待遇が悪い…」、そんなストレスを感じていませんか?近年は建築工事の需要が増大しており、特に若手の人材不足に陥っている企業も多いため、有資格者には転職のチャンスです。

施工管理の求職情報を専門に取り扱っている転職サイトなどのサービスは、有資格者からの問い合わせを広く受け付けています。

「資格取得者を優遇する」という求人内容を優先的に紹介してくれますから、積極的に相談してみましょう。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

施工管理のセクションごとの年収比較

土木

施工管理業界の中でも土木業界の年収は、業種や企業の規模などによって変動します。

土木会社の場合、年収は300万円代からとなり、作業員の年収は平均で350万円超となっています。平均給与は月に20万円超となりますが、最低年収で200万円程度となっています。

ゼネコンなどに勤めている場合、年収にして400万円程度となり、親方クラスや独立の場合も年収が400万円を上回っているケースがみられます。

土木作業員でも、さまざまな資格を所有していればそれに応じて年収が高くなります。大型車両や特殊車両などを扱える場合や、クレーンに関する技術職についていれば、年収もそれに応じたものになります。

なかには国家資格である土木施工管理技士の資格を取得し、現場監督として勤務することで、年収を大幅にアップさせることもできます。

年収の高い企業に転職する方法のほかにも、キャリアアップによって年収アップをはかることができます。1級土木施工管理技士など、年収に直結する資格はぜひ取得しておきたいところです。

電気

電気業界は年収に幅が大きく、400社以上の電気・精密機器に関する企業の年収データを調査したところ、300万円から2000万円近くまでと大きな給与格差が出ています。

業績が変動しやすいことや、大卒と高卒の間での賃金格差が大きいことなどから、上記のような給与格差が出ていると考えられますが、管理職など役職に就いているか否かでも大きく年収が変わってきます。

営業利益率の高い企業では、社員の年収も利益に比例して高い傾向にありますが、不正会計などによって人員削減や巨額の損失を出した企業については、年収に大きくマイナスが出ています。

浮き沈みの激しい業界ではありますが、大手電機メーカーの平均年収は600万円超と高く、他の業種に比べ高い水準を維持しています。

現在、電機業界では管理職の代わりに本人の実績などを基準に賃金を決める「職務・役割給」と呼ばれる制度を導入する企業が次々と登場しており、若手の社員でも高給を手にできる仕組みが整いつつあります。

内装

内装業界の平均年収は400万円前後、見習い職人でも200万円前後となり、平均給与は月に18万円から25万円となっています。

施工管理業界の中でも内装関連職には幅があり、内装業者、リフォーム業者、ハウスメーカー、クロス業者などさまざまなフィールドで活躍することができ、20代前半の職人でも最高で350万円から400万円程度の年収を得ている例もあります。

職人の場合、年齢に応じて技術の質も向上し、会社の業績によってはボーナスの支給額も増えるため、年収が一定ではないという点だけは押さえておきたいポイントです。

設計職などデスクワークの分野の場合、残業が多い職場では発注や見積もりなどさまざまな仕事を任されることがありますが、そのぶん残業代が増えるので、年収に直結するというメリットがあります。

内装図面や詳細図などが描ける場合は評価につながるため、そのぶん年収に反映されやすくなります。

設備

設備関連の業種では、平均年収は380万円超と比較的高い水準です。最低でも170万円程度、最高で800万円と幅がありますが、20代前半でも最高で600万円以上の年収を得ている例がみられます。

企業の業績に左右されやすい業界であり、残業や休日出勤の数、評価制度など、さまざまな要素から個人の年収が決定されます。

残業代が全支給となり、出張手当や宿泊費も出るといった高待遇の企業では、年収も相応に高い傾向にありますが、インセンティブがない、休みが少ないといった、それぞれの企業特有のデメリットには注意したいところです。

なかには夜勤が発生する職場もありますが、夜勤手当が出るかどうかによって年収が変動するため、転職の前には必ずチェックしておきたいポイントです。

建築施工管理技士としての働き方

建築施工管理技士は建築における施工計画を作成し、現場での安全管理・品質管理・工程管理を行う指導監督です。建設会社が工事を請け負う際、建築施工管理技士は建築一式工事や防水・塗装・熱絶縁・建具などの工事を責任者として担当することができます。

建築施工管理技士の資格には一級と二級があり、保有している資格のレベルに応じて担当できる工事が変わるため、一級建築施工管理技士の資格を保有していると幅広く活躍することが可能です。

また、設計図の確認や工事内容の把握、発注者との打ち合わせなどさまざまな業務を担当するため、現場でスキルを磨きながら、より高いレベルへとステップアップしていくこともできます。

ゼネコンへの転職

建築施工管理技士の転職先として人気なのがゼネコンです。大手ゼネコンの場合、建物など大掛かりな案件を扱うこともあるため、新しい建築技術や大規模な案件に関われるといったメリットも。地方の仕事の場合出張などが多くなりますが、施工管理技士としての技量を磨くには絶好のチャンスといえるでしょう。

ゼネコンといっても、大手から中小規模までさまざまです。自分のスキルを活かせる新たな環境として、転職先に選ぶことも十分に可能。建築施工に関する経験や知識量に乏しくても、前向きに問題に取り掛かれる人は現場で重宝されます。

ゼネコンでは監理技術者の不足が問題となっており、会社の経営にも関わる問題として年々深刻化しています。正社員・派遣を問わず、需要の多い仕事といえるでしょう。

派遣会社への転職

派遣会社に派遣として登録し、会社に勤めるといった方法もあります。

正社員よりも良い条件で採用してもらえる派遣会社もありますので、自分に合った働き方ができるという意味では、派遣会社への転職も一つの選択肢となるでしょう。

その他

建築の現場では必ず建築施工管理技士を主任技術者として配置しなければなりません。建設会社や建築請負会社にとって、建設施工管理技士はまさに需要の高いお仕事となります。

転職先として、正社員・派遣の形態を問わず会社に勤めることもできますが、公務員として地方勤務を選択することもできます。

一級建築施工管理技術者は規模の大きな工事を請け負うことができるため、特に即戦力として採用される傾向にあります。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧