今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 資格を持っていると給料アップ!施工管理技士の種類 » 管工事施工管理技士

管工事施工管理技士

このページでは、管工事施工管理技士の特徴や年収について調べています。

管工事施工管理技士の年収

管工事施工管理とは、ガス管や水道管などの工事現場の管理監督をする仕事です。

「管工事施工管理技士」とは、国土交通大臣が認定する国家資格で、40年以上の歴史有。1級と2級の2種類が用意されています。

【管工事施工管理技士の年収】

400万円~600万円

年収は1級を取得しているか、2級を取得しているかによって開きがあります。近年は人手不足の傾向が強いため、実務経験の多い人は800万円以上の年収も、夢ではありません。

管工事施工管理技士資格取得のメリット

■メリット…
管工事施工管理技士の有資格者が多い企業は、公共工事を請け負う際に優遇されやすいため、
どの建築会社も人材を求めています。このため、より良い条件で大手へ転職する際、かなり有利に働くでしょう。

■資格を活かせる現場…
冷暖房設備、ガス管配管設備、浄化槽設備、上下水道配管設備などの管工事全般

有資格者の声をチェック

過去問を集中して解くのが合格への近道
学科試験は1週間前程度から過去問を集中して解くことで、合格できました。時間に余裕があるなら、2ヶ月くらい前からコツコツと行うことで充分対応できると思いますよ。

今後の仕事に自信を持って臨めそうです
空調工事を請け負う機会が増えたので、取得しました。50代になってからの受験でしたが、他の従業員と一緒に頑張りました。今後の受注に自信をもって臨めそうです。

役所の仕事も入るようになりました
会社経営していますが、管工事施工管理技士資格を取得してからは、建設業の許可も取れて、役所の仕事も入るようになりました。

管工事施工管理技士資格の取得法

管工事施工管理技士の受験日は年に1度しか設けられていません(ただし、平成30年度実施の試験より、2級学科試験のみ年2回化となります)。1級/2級で日時は異なりますが、半月程度の募集期間内に出願し、数ヶ月後の受験に臨みます。

1級/2級ともに学科と実地試験が用意されています。2級の場合は1回目は学科試験のみ、2回目は学科と実地試験が同じ受験日に実施されますが、1級の場合は学科と実地試験はそれぞれ別の日に行われます。

受験資格には実務経験が必要

管工事施工管理技士資格試験を受験するためには「受験資格」が必要となります。具体的には実務経験なのですが、学歴によって異なります。

1級の場合、大卒者は指定学科卒業後3年以上(指定学科以外の場合4年6ヶ月以上)の実務経験で受験できるのに対し、短期大学や高等専門学校卒者は指定学科卒業後5年以上(指定学科以外の場合は7年6ヶ月以上)、高卒や専門学校卒、そして中卒の場合は指定学科卒業で10年以上(指定学科以外の場合は11年6ヶ月以上)の実務経験が受験には必要となります。

2級の学科試験に関しては、満17歳以上であれば、実務経験なしでも受験できるようになりましたが、実地試験では実務経験が必要となります。

その合格率は1級、2級ともに50%以下と、なかなかの難関です。

また実地試験のみ不合格になることも多く、その場合は次年度に学科免除で再試験に臨みます。

有資格者の転職

「管工事施工管理技士の資格を持っているのに、待遇が悪い…」、そんな悩みを持っていませんか?近年は工事の需要が増大しており、慢性的な人材不足に陥っている企業も多いため、有資格者には転職のチャンスです。

施工管理の求職情報を専門に取り扱っている転職サイトなどのサービスは、有資格者からの相談に積極的に対応しています。

「資格取得者を優遇する」という求人内容を優先的に紹介してくれますから、利用しない手はありません。より良い労働環境獲得のため、上手に活用しましょう。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

管工事施工管理技士としての働き方

管工事施工管理技士は、一般の住宅やビル、工場などのさまざまな建築物に欠かせない仕事です。ガスの配管や上下水道管、空調ダクトなどに関わる工事の施工計画を作成し、工程から安全管理までを監督するのが主な仕事内容となります。

工事の全体像を見渡しながら、配管の位置や構造をイメージして手配していく手腕が必要となり、工事に後からミスが出ないように施工図との照合を厳しく行います。

管工事施工管理技士資格には一級と二級があり、一級の有資格者は特定建設業の営業所に配置される専任技術者や、工事現場に主任技術者・監理技術者として配置されます。二級レベルでも一般建設業の営業所における専任技術者や、工事現場での主任技術者になることができます。

ゼネコンへの転職

管工事施工管理技士は資格そのものよりも現場での経験が優遇される傾向にあり、経験を積むほどに建設系の企業への就職が有利になります。

建物を建てる、もしくは建てかえるといった場合に欠かせない仕事であるため、大手から中小規模まで多くのゼネコンが管工事施工管理技士の採用を行っています。給与アップや待遇の向上などを求めてゼネコンに転職する管工事施工管理技士も少なくありません。

派遣会社への転職

最近では正社員につぐ働き方として、派遣会社に登録する方法もあります。管工事施工管理技士としての資格はもちろん、現場で培った経験や知識を活かして派遣として登録することで、多くの現場に携わることも可能です。

正社員と違って派遣では柔軟な働き方が可能なので、定年を迎えて正社員を退職した後に、新たに派遣として働きはじめる方もいます。

その他

管工事施工管理技士の仕事は需要の多い仕事です。日本国内では耐震基準の変更に合わせて、今後もアパートやビルなどの建設ラッシュが続くと考えられるため、管工事施工管理技士の需要は安定していくと予想されています。

建築基準の変更にともない、新規に建て替えが必要になった建築物の工事や、大規模な再開発、大型の公共施設の建設などに合わせて現場に配置されるため、一般企業はもちろん、公務員として勤めるという選択肢もあります。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧