今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 資格を持っていると給料アップ!施工管理技士の種類 » 電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士

このページでは、電気工事施工管理技士の特徴や年収について調べています。

電気工事施工管理技士の年収

電気工事施工管理とは、電気や通信などの工事現場を管理監督する仕事です。

「電気工事施工管理技士」とは、国土交通大臣が認定する国家資格で、30年近い歴史有り。1級と2級の2種類が用意されています。

【電気工事施工管理技士の年収】

400万円~500万円

年収は1級を取得しているか、2級を取得しているかによって200万円近い開きがあると言われます。近年は人手不足の傾向が強いため、実務経験の多い人は1,000万円以上の年収も、夢ではありません。

電気工事施工管理技士資格取得のメリット

■メリット…
電気工事施工管理技士1級の有資格者がいれば、3,000万円を超える金額の電気工事を請け負うことができます(2級は3,000万円以下限定)。

このため、多くの企業が有資格者を求めているのが現状。転職の際などには、有利に働くでしょう。

■資格を活かせる現場…
住宅やマンション、ビル、そして工場など、電気や通信設備が必要な現場はどこでも。

有資格者の声をチェック

転職の際に役立ちそうです
何よりも実務経験が重視される職種ですが「資格も取っておこう」と思い、受験しました。実務経験の多い人なら、そう難しくないのではと思います。転職の際も役立ちそうです。

会社に貢献できたと思います
社内で電気工事施工管理技士1級の取得者が必要となりました。受験資格があるのは私だけ。勉強は大変でしたが、無事合格できました。会社に貢献できたので良かったです。

スキルアップに役立ちました
自営で電気工事をやっているため、資格も取得しておこうとトライしました。スキルアップに役立ったと思います。

電気工事施工管理技士資格の取得法

電気工事施工管理技士の受験日は年に1度しか設けられていません(ただし、平成30年度より2級の学科試験のみ年2回化)。1級/2級で日時は異なりますが、2週間程度の募集期間内に出願し、数ヶ月後の受験に臨みます。

1級/2級ともに学科と実地試験が用意されています。2級の場合は1回目は学科試験のみ、2回目は学科試験と実地試験があり、同じ受験日に実施されますが、1級の場合は学科と実地試験はそれぞれ別の日に行われます。

受験資格には実務経験が必要

電気工事施工管理技士資格試験を受験するためには「受験資格」が必要となります。具体的には実務経験なのですが、1級の場合、大卒者は3~5年で受験できるのに対し、高卒や専門学校卒、そして中卒の場合は5~15年以上実務経験を積んでいないと、受験できなくなっています。

具体的には実務経験なのですが、1級の場合、大卒者は指定学科卒業後3年以上(指定学科以外の場合4年6ヶ月以上)の実務経験で受験できるのに対し、短期大学や5年制高等専門学校卒者は指定学科卒業後5年以上(指定学科以外の場合は7年6ヶ月以上)、高卒の場合は指定学科卒業で10年以上(指定学科以外の場合は11年6ヶ月以上)、中卒などその他(最終学歴問わず)の場合は15年以上の実務経験が受験には必要です。

2級の学科試験に関しては、満17歳以上の方は実務経験なしでも受験できるようになりましたが、実地試験では実務経験が必要となります。

さらに専任の主任技術者経験も必要とされますので、事前によく確認を。

その合格率は1級が55%程度で2級は40%以下と、なかなかの難関です。また実地試験のみ不合格になることも多く、その場合は次年度に学科免除で再試験に臨みます。

有資格者の転職

「電気工事施工管理技士の資格を持っているのに、待遇が悪い…」、そんな不満に悩まされていませんか?近年は工事の需要が増大しており、「有資格者が欲しい!」と考えている企業も多いため、転職の好機です。

施工管理の求職情報を専門に取り扱っている転職サイトなどのサービスは、有資格者からの問い合わせに積極的に対応しています。

「資格取得者を優遇する」という求人内容を優先的に紹介してくれますから、ぜひ相談してみましょう。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

電気工事施工管理技士としての働き方

電気工事施工管理技士は国土交通省が管轄する国家資格を有し、工事現場における電気工事の施工計画の立案から施工図の作成、工事に関わる技術的な管理を行う仕事です。

品質管理・安全管理・工程管理の3つが主な仕事内容となりますが、電気に関わる工事の進捗管理をはじめ、細部までの点検、チェックや電力会社との話し合い、他の建築部門との打ち合わせなども行います。

ビルや工場など、電気設備を有する建物には電気工事施工管理技士の存在が必要不可欠となります。商業施設や公共施設など、新たに建造物を造るといった場合にも、電気工事施工管理技士が必要となるため、常に多くの現場で需要があります。

ゼネコンへの転職

電気工事施工管理技士は大手のゼネコンでも重宝される仕事です。電気設備の規模に関わらず工事の技術管理を行うため、資格を保有し、さらに現場でも経験もあると非常に転職に有利となります。

大手のゼネコンでは実務経験が豊富な人材が積極的に採用される傾向にありますが、実務経験を積んだうえで二級から一級にステップアップするなど、保有する資格もレベルアップしておくとさらに転職がスムーズになります。

派遣会社への転職

正社員以外の働き方としては、派遣会社への転職も選択肢の一つに入ります。派遣会社に登録し、派遣として現場経験を積むことで、実務経験を飛躍的に伸ばすことが可能に。

派遣の場合、定年退職や早期退職を行った人でも登録することができるので、正社員以外の働き方を考えている方にとってもおすすめです。

その他

ゼネコンや派遣会社以外の就職先としては、技術系の公務員などが挙げられます。公務員には建設系の技術職が用意されており、そこでは施工管理技士の資格を持つ人材が重宝される傾向にあります。

国土交通省や地方自治体において、公共施設・公共の構築物の施工などに電気工事の面から関わるため、一般企業にはない案件に携わる機会も生まれます。

経験者であるほど即戦力として採用されやすくなりますが、年齢制限については厳しくはなく、幅広い人材を募集しているため、経験の多寡に関わらずチャレンジすることができます。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧