今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 資格を持っていると給料アップ!施工管理技士の種類

資格を持っていると給料アップ!施工管理技士の種類

本カテゴリでは、施工管理技士の資格の種類について、情報をまとめています。

工事現場の責任者である、施工管理技士。そうひと口に言っても工事現場にはさまざまな種類があり、専門性も異なります。

国土交通大臣は、日本の建設業における特定業種の技術を認定した国家資格を6種類発行しています。
以下にそのラインナップを見ていきましょう。

【建設業における特定業種の技術を認定した国家資格】

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 建設機械施工技士…建設工事の機械化施工に従事する技術者の資格。
  • 造園施工管理技士…公園、道路緑化工事などの現場管理に役立つ資格。

本カテゴリには、以下のページを設けてみました。

土木施工管理技士

道路や鉄道、水道などの工事現場の管理監督をする仕事のための資格。規模が大きくなりやすい工事なので、有資格者の存在が現場で重宝されることは疑いようもありません。その年収は?

土木施工管理技士の年収について詳しく見る

建築施工管理技士

住宅やマンション、ビルなどの工事現場の管理監督をする仕事のための資格。1級を取得すると「専任技術者」や「主任/監理技術者」となることが認められるので、転職や待遇改善に大いに役立ちます。

建築施工管理技士の年収について詳しく見る

管工事施工管理技士

ガス管や水道管などの工事現場の管理監督をする仕事のための資格。有資格者が多い企業は、公共工事を請け負う際に優遇されやすいため、どの建築会社も人材を求めています。

管工事施工管理技士の年収について詳しく見る

電気工事施工管理技士

電気や通信などの工事現場を管理監督する仕事のための資格。1級の有資格者がいれば、3,000万円を超える金額の電気工事を請け負えるようになるため、引っ張りだこです。

電気工事施工管理技士の年収について詳しく見る

近年は被災地や、オリンピック開催を控えた首都圏に建設ラッシュが訪れており、多くの建設会社が人材不足に直面しています。特に有資格者の存在は貴重なので、社内の人材にも受験が薦められているほど。転職の際にも有利に働くことは間違いありません。

ぜひ各ページの内容に目を通し、知識を深めてくださいね。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧