今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 転勤必須?高収入が期待できる勤務地

転勤必須?高収入が期待できる勤務地

このページでは、施工管理職の転勤について解説しています。

施工管理するなら積極的に転勤すべし

建設の需要は、時期により左右されやすくなっています。

過去数年を振り返り、今後数年を考えた時、圧倒的に需要が高いのは「東日本大震災の被災地である東北地方」と、「東京オリンピック開催を控えている首都圏」。それ以外の地域にある、いわゆる「地場建設」は事業悪化の傾向があります。

せっかく施工管理に専門性を持っているのなら、地元にとどまらず、需要の高い地へ積極的に転勤を志願するのがおすすめ。大きく稼げますし、活気のあるプロジェクトに関わることで、自身の経験値を高めていくことができます。

特に首都圏に関しては「オリンピック開催までがピーク」と期間が限定されているので、迷いは禁物かもしれません。

転職するなら今

「でも今働いている会社は、いわゆる地場コンだし、転勤の機会はなさそう…」という場合は、思い切って転職を考えるのも一案。その際には、以下の点に注意してください。

被災地や首都圏の大規模な建設に関わっているのは、ここ3年間バブル期以上の利益水準となっている、大手ゼネコン会社である。

こうした優良企業への転職を可能にするためには、「施工管理職に特化した求人サイト」を利用するのがおすすめです。

【施工管理職専門の求職情報サイトを利用するメリット】

  • 大手ゼネコンなど、国内のTOP企業の情報を掴んでいる。
  • 給料やボーナスなど、待遇の良い案件を厳選紹介している。
  • 国の安全基準に則った労働内容を提示する企業を厳選紹介している。

ぜひ専門サイトを上手に活用し、飛躍のきっかけを掴んでください。

転勤を経験した施工管理者の声

特殊勤務手当も支給され、仕事にやりがいを実感
大きなプロジェクトに関わることで、これまでの経験を活かしたり、大きく成長できると考え、転勤しました。長期に渡る建設のため住環境が充実しているほか、特殊勤務手当も支給されるので、やりがいがあります。

安全面での心配も、現場は厳しく管理されているので安心
被災地は需要が高いものの、安全面での心配はあったのですが、実際の現場は厳しく管理されているため、安心して働けています。長期的に安定した収入も約束されていますし、最新技術にも関われるので、仕事が楽しいです。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧