今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 施工管理のNGな転職理由とは?

施工管理のNGな転職理由とは?

このページでは、面接官に好印象を与える、施工管理職の転職理由について解説しています。

転職理由のスムーズな伝え方|施工管理職の転職活動

現在働いている会社の仕事内容や待遇、そして給与に不満を持った時、人は転職を考えます。特に建設業界は局所的なバブル期を迎えており、会社によっては深刻な人材不足問題を抱えています。応募者にとっては有利な状況ですし「転職を考えるなら今」と言えるかもしれません。

とは言え、転職にあたっては採用までのプロセスがあります。面接の段階では「なぜ今の会社を辞めようと思ったのですか」と、転職の理由を問われることになるでしょう。その際、面接官に好印象を与えるためには、どうすれば良いのでしょうか。

ネガティブな理由を率直に口にしない

  • 社内や現場の人間関係に嫌気が差した
  • 給与が低い
  • 残業が多い

施工管理者の転職理由として多く挙げられるのは、上記のような内容です。

しかしこれらの理由を率直に伝えてしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

施工管理職は現場の人間を束ねる仕事ですので、人間関係の不満を口にすると「コミュニケーション能力が低いのかな」と判断されてしまいますし、給与に関しては「能力に問題があり、周囲の評価が低いのでは」と疑われることも考えられます。

さらに残業はつきものの業界ですので、その不満を前面に出してしまうと「そもそも施工管理者に向いていないのでは?」と一蹴されてしまうこともあるでしょう。

転職を考える際、ネガティブ要素が最大の理由になるのは、充分に理解できます。

しかし、面接官へ説明する際は、ポジティブな表現に言い換えるテクニックも必要。以下の例を参考にしてみてください。

■人間関係が不満だった場合…
「自分の能力を、もっと発揮できる環境に移りたいと考えました」などの表現に言い換える。

■給与や待遇が不満だった場合…
これまでの仕事での実績や、所有資格をきちんとアピールしたうえで、より良い条件や正確な評価を探していると、伝える。

施工管理職は専門性が強く、他の業界にはない特徴も多くありますが、採用の際には他の職業と同じく、ポジティブな転職理由が求められるものです。

気を引き締め、好感度の高い受け答えができるよう、準備をしておきたいもの。

自分自身の準備だけでは不安、という方は無料コンサルティングサービスを用意している転職サイトを活用すると良いでしょう。

あなたの転職活動に親身なアドバイスを提供してくれるほか、面接対策法も授けてくれますよ。

転職が成功する施工管理の志望動機についてもチェックする

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧