今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 転職した方が良い?施工管理の残業事情

転職した方が良い?施工管理の残業事情

このページでは、施工管理職の残業事情について調査しています。

残業は避けられない?施工管理職の実態

過労死が社会問題化している現代ですが、施工管理職の場合は?結論から言ってしまうと「残業はつきもの」です。

施工現場には「天候に左右されやすい」という弱点があります。遅れを取り戻すため、残業が発生することも容易に想像がつきます。

さらに某かのトラブルが発生した場合、管理者は対応に追われることに…。規定の労働時間を超えることも、ザラにある世界なのです。

また優秀な人材はいくつもの現場をかけもちしたり、現場の前中後で会社の会議に出席したりと、やることが山積みです。中には残業を厭わず、嬉々として仕事漬けの毎日を送る人もいます。

しかし、すべての人が「仕事にだけ集中できれば、それでいい」と考えているわけではありません。身体を壊しては元も子もないですし、他の世界の常識をあらかじめ理解している若者から敬遠されては、次世代を担う人材を育成できなくなってしまいます。

厚生労働省もアンタッチャブル認定!?

過剰な残業を抑制するため、労働基準法内で定められているのが、いわゆる「36協定」です。

【労働基準法第36条】

労働者を法定労働時間(1日8時間1週40時間)以上労働させる、または休日労働させる場合、あらかじめ労働組合と使用者で、書面による協定を締結しなければならない。

しかし厚生労働者は、建設業をこの「36協定」の適用除外種と定めています。こうした枠組みを遵守していては、いつまでも仕事が終わらないということなのでしょう。

また2016年ごろから話題になっている、政府主導の「働き方改革」に関しても、日本建設業連合会は適用除外となってしまいました。施工管理職は、このまま世間の常識から取り残されてしまうのでしょうか?

業界内で自主規制の機運が高まる

上記のように「残業時間の青天井化」が危惧されている建設業界ですが、優良ゼネコンを中心に、151の建設会社・団体が加盟している日本建設業連合会では「残業時間の自主規制」を実施することになりました。

まずは「年間の時間外労働の上限を960時間」とし、今後段階的に残業を減少させる流れを作りたい様子。業界の専門家は「今回の自主規制は公共入札に参加する大手ほど遵守し、目が届かない下位ほど、サービス残業で対応していくだろう。その結果、ブラックとホワイトとの間で、時給の差が開く」と分析しています。

残業がつきものの業種とは言え、必要以上の時間外労働やサービス残業を避けたいのは、誰でも同じ。残業分に対し、きちんと報酬で応えてくれる会社を選ばなくては、労働者が報われませんよね。

より良い労働条件を獲得するために

施工管理職に従事する人が労働時間に対して不満を持ち、転職を考えているなら、より良い求人情報を得る方法を模索していかなくてはなりません。

ではどうするべきか?近年は、多くの人が転職サイトを利用し、求人情報を集めます。施工管理職の優良求人を探すなら、専門サイトを活用するのがベストです。

【施工管理職専門の求職情報サイトを利用するメリット】

  • 大手ゼネコンなど、国内のTOP企業の情報を掴んでいる。
  • 給料やボーナスなど、待遇の良い案件を厳選紹介している。
  • 国の安全基準に則った労働内容を提示する企業を厳選紹介している。

サービス残業を強要するようなブラック企業は、あらかじめ排除されてしまうことが多いため、質の高い情報を吟味できると思います。

施工管理職から残業を大幅に減らすことはまだまだ難しそうですが、労働内容に見合う報酬を提供する企業を探すことは、充分可能。

施工管理職専門の求職情報サイトを活用し、より良い労働条件の転職を勝ち得てください。

なぜ施工管理の仕事は残業が多いのか?

施工管理の仕事は残業が多いというイメージがあります。それは本当かというと、本当の部分とそうでない部分もあります。

管理職というのはどの業種でも残業が増えるという傾向があります。施工管理もそれに該当し、現場に行って視察することと、事務所で事務作業なども兼任しないといけないので、自ずと残業は増えているという傾向があります。

なぜ施工管理の仕事は残業が多いのか見ていきましょう。

施工管理の時間スケジュール

実際に仕事のスケジュールを見ると、どうして施工管理の仕事に残業が多いかがわかります。1日の始まりは、まず現場に行くことになります。

通常8時頃に建設現場などで始業の始まりである朝礼が開始されます。管理者は30分前から1時間前くらいに到着して準備をすることが多いです。ここで、挨拶と作業内容の確認、安全チェックなどを行い、作業員の点呼と指示などを行い、作業を開始します。

その後は作業の進捗状況などを把握し、状況において指示を出していきます。12時に昼の休憩を1時間ほど挟み、17時頃まで作業を続けます。作業を終えるために施錠や明日の作業内容の確認など終業作業を行い、事務所へ戻ります。そこで、各種申請書類の作成や資材の調整、図面の作成、写真の整理などをして、夜休憩などを挟み、大体21から23時頃まで作業をします。

時には土日に出勤することもありますが、やりがいのある仕事です。

職人とは違う管理職

建設現場にいるとび職や、土木作業員、鉄筋工、ハツリ工、防水工など様々な職人さんがいますが、彼らは作業時間の8時から17時頃まで作業をします。
時には残業などで1、2時間延びることもありますが、おおよそ8時間から9時間ほどの作業をします。施工管理と違って体力をものすごく使うので、このくらいの作業時間でもヘトヘトです。

施工管理は体力をあまり使いませんが、頭を使うので、どちらがいいのかはその人の適性などによるものなのではないでしょうか。

職人さんからしたら、施工管理の仕事は楽に思えますが、拘束時間も多くやる内容も多岐にわたるので、見えないところでも仕事をしています。

残業が多い仕事の特徴

建築業でも職人さんは定時でしっかり終わる職種ですが、施工管理は拘束時間も長い職種になります。

管理業などは他の業種でもそうですが、比較的残業時間などが多い仕事のようです。他の業種で残業の長い仕事を見ると、広告や新聞などのマスコミ業、IT関連などネット関連の業種が多いようです。

またコンビニやファミレスなどの業種も比較的長くなっています。クリエイティブで作業時間に区切りなどがないものや、管理職などで他の従業員を見ておかない仕事の場合に時間が伸びる傾向があります。

残業が常態化している

会社などでもそうですが、業種によってもカラーなどがあって、定時できっちりやるのが当たり前の仕事、例えば市役所や銀行、小売店などがそうです。
逆に残業が常態化しているクリエイティブ関連や施工管理の仕事がそうです。常態化していると、これを変革するのは難しいことがいいです。

みんなが当たり前だと思っているところで、例えば新人が定時で終わるようにしましょうと言ったところで、全く相手にされませんし、何を言っても無駄です。

よっぽど風通しがいい会社なら別ですが、先輩の手間、後輩が先輩より早く帰れるのもなかなかレアケースとなります。

逆に仕事を多く覚えられる

残業をするというとデメリットばかりに感じますが、そうでもなく、例えば仕事をすればするだけ仕事を覚えることができるので、未経験から入った人などは早く仕事を覚えられるのではないでしょうか。

例えばパソコンを習ったことのない人ならワードやエクセル、他にも専門の CADなどの設計ソフトを使えることができるようになりますし、ここで経験したら他の仕事にも生かせるのではないでしょうか。

また、写真撮影などもしますし、各所に連絡するので段取り力やコミュニケーション能力や社会人マナー、人脈なども作ることができます。

建築業界のしきたり

建築業をこれからも続けようと思う人には、施工管理は向いているかもしれません。様々な職種の人と関わることになりますし、仕事も見ることができます。施工管理の人にしか漏らさない愚痴や秘密なども聞くことができますし、建築業のことがよくわかると思います。

また、他の申請関係で役所や設計事務所などの人とも関わりますから、次への転職にも生かせるかもしれません。

オリンピックに向けてさらに増える需要

建築業はこれからも需要がある仕事です。ちまたではAIに取って代わる仕事などで、コンビニのレジやガソリンスタンドなどが挙げられますが、建築業はまだまだ人間の力が必要です。

また、東京オリンピックの2020年に向けて建設の需要があります。インバウンド向けのホテルや観光施設、競技場、マンションなども増えています。むしろ需要が多すぎて人手が足りてない状況なので、今が入るチャンスかもしれません。

施工管理会社は少人数

職人さんのように大人数の会社で、派遣なども含めて作業に取り掛かるのとは違い、施工管理の仕事は100人単位の現場でも1人か2人程度です。

50人以上の現場には、労働安全衛生法により統括安全衛生責任者や、元方安全衛生管理者の選任が義務付けられていますが、逆に言えば1人いれば十分なのです。

会社にも5人程度で回している会社も多くありますし、人は少ないけど、やることは余っているほどあるという状況なのです。

コスト削減の波

どの業界もそうですが、コスト削減の波というのが押し寄せていて、建設するのに費用が決められており、コストと納期に管理される仕事になります。施工監理の人数をできるだけ少なくすることで費用が安く済みます。受注生産という形で、発注を受けて行うので、好き勝手に人員を増やせるというわけではないというのも実情です。

常に必要とされる仕事

施工監理は常に必要とされている感じがあります。現場では職人さんにいろいろ注文を受けるかもしれませんが、本当は頼られていて、作業内容はどうなっているのか、いつまでにやればいいのか、全ての情報を把握する必要があります。

申請関係でも一人でやるので、自分で全ての情報を握っていると言えます。これらを全員にうまいこと伝達しないといけないので大変です。ただし、みんなから頼られるのが好き、人とコミュニケーションをとるのが好き、という人にとっては忙しいのもやりがいに感じるのだと思います。

独立するまではがむしゃらにやろう

会社員は拘束時間も決められていますから、それを破ることはできません。仕事が与えられたら、それをこなすまでやらないといけません。

いくら仕事が終わらなくても工事は始まりますので、なんとか時間を作ってやらないとならないのです。

こんなに時間ばかり取られる仕事は嫌だと思う人もいると思いますが、独立をしたら楽です。自分で仕事のペースを決められますから、忙しい場合は断ってもいいです。そのかわり仕事を一度断ると発注が来ないこともありますから、その辺りがフリーの厳しいところです。

独立して会社を立ち上げて社長になれば、何時に来ても何時に帰っても自分の責任ですから、お金を貯めて独立資金が貯まるまで会社員として頑張るというのもいいかもしれませんね。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧