今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 転職した方が良い?施工管理の残業事情

転職した方が良い?施工管理の残業事情

このページでは、施工管理職の残業事情について調査しています。

残業は避けられない?施工管理職の実態

過労死が社会問題化している現代ですが、施工管理職の場合は?結論から言ってしまうと「残業はつきもの」です。

施工現場には「天候に左右されやすい」という弱点があります。遅れを取り戻すため、残業が発生することも容易に想像がつきます。

さらに某かのトラブルが発生した場合、管理者は対応に追われることに…。規定の労働時間を超えることも、ザラにある世界なのです。

また優秀な人材はいくつもの現場をかけもちしたり、現場の前中後で会社の会議に出席したりと、やることが山積みです。中には残業を厭わず、嬉々として仕事漬けの毎日を送る人もいます。

しかし、すべての人が「仕事にだけ集中できれば、それでいい」と考えているわけではありません。身体を壊しては元も子もないですし、他の世界の常識をあらかじめ理解している若者から敬遠されては、次世代を担う人材を育成できなくなってしまいます。

厚生労働省もアンタッチャブル認定!?

過剰な残業を抑制するため、労働基準法内で定められているのが、いわゆる「36協定」です。

【労働基準法第36条】

労働者を法定労働時間(1日8時間1週40時間)以上労働させる、または休日労働させる場合、あらかじめ労働組合と使用者で、書面による協定を締結しなければならない。

しかし厚生労働者は、建設業をこの「36協定」の適用除外種と定めています。こうした枠組みを遵守していては、いつまでも仕事が終わらないということなのでしょう。

また2016年ごろから話題になっている、政府主導の「働き方改革」に関しても、日本建設業連合会は適用除外となってしまいました。施工管理職は、このまま世間の常識から取り残されてしまうのでしょうか?

業界内で自主規制の機運が高まる

上記のように「残業時間の青天井化」が危惧されている建設業界ですが、優良ゼネコンを中心に、151の建設会社・団体が加盟している日本建設業連合会では「残業時間の自主規制」を実施することになりました。

まずは「年間の時間外労働の上限を960時間」とし、今後段階的に残業を減少させる流れを作りたい様子。業界の専門家は「今回の自主規制は公共入札に参加する大手ほど遵守し、目が届かない下位ほど、サービス残業で対応していくだろう。その結果、ブラックとホワイトとの間で、時給の差が開く」と分析しています。

残業がつきものの業種とは言え、必要以上の時間外労働やサービス残業を避けたいのは、誰でも同じ。残業分に対し、きちんと報酬で応えてくれる会社を選ばなくては、労働者が報われませんよね。

より良い労働条件を獲得するために

施工管理職に従事する人が労働時間に対して不満を持ち、転職を考えているなら、より良い求人情報を得る方法を模索していかなくてはなりません。

ではどうするべきか?近年は、多くの人が転職サイトを利用し、求人情報を集めます。施工管理職の優良求人を探すなら、専門サイトを活用するのがベストです。

【施工管理職専門の求職情報サイトを利用するメリット】

  • 大手ゼネコンなど、国内のTOP企業の情報を掴んでいる。
  • 給料やボーナスなど、待遇の良い案件を厳選紹介している。
  • 国の安全基準に則った労働内容を提示する企業を厳選紹介している。

サービス残業を強要するようなブラック企業は、あらかじめ排除されてしまうことが多いため、質の高い情報を吟味できると思います。

施工管理職から残業を大幅に減らすことはまだまだ難しそうですが、労働内容に見合う報酬を提供する企業を探すことは、充分可能。

施工管理職専門の求職情報サイトを活用し、より良い労働条件の転職を勝ち得てください。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧