今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 転職が成功する施工管理の志望動機

転職が成功する施工管理の志望動機

このページでは、面接官に好印象を与える、施工管理職の志望動機について紹介しています。

志望動機のスムーズな伝え方

施工管理技士としてある程度のキャリアを積んだ人が、転職を考えるケースがあります。給与や待遇、そして仕事内容への不満がある場合、また人間関係が理由の場合もあるでしょう。

首都圏や東北地方の建設会社は、現在、建設ラッシュを迎えており、慢性的な人材不足に陥っています。応募者にとっては有利な状況。転職を考えるなら、今がチャンスです。

とは言え、転職にあたっては採用までのプロセスがあります。応募の段階では、志望動機が確認されることになるでしょう。その際、採用担当者へ好印象を与えるためには、どうすれば良いのでしょうか。

志望動機に含めたい要素

  1. なぜこの会社に魅力を感じているかを、具体的に説明する。
  2. 自分がこれまでに培ってきた経験技術、そして取得した資格などが活きることをアピールする。
  3. 自分が入社した際は、熱意をもって仕事に取り組むことをアピールする。

志望動機とは読んで字のごとく「なぜこの会社へ応募しようと思ったのか、その動機を説明する」機会です。書類選考では記述の必要がある場合がほとんどですし、面接でも再度尋ねられることになります。

1.に関しては、応募する会社の業務内容をよく調べることが必要です。その過程で確認した「会社の長所」を自分の言葉でまとめ、採用担当者に伝えましょう。

志望動機に含む要素の中で最も重要なのは、2.です。

いくら会社の長所をよく理解している人物だとしても「会社にとって役立ってくれる人材」だと感じさせられなければ、採用には至りません。特に実績や経験については、面接の際に具体例を交えながらスムーズに伝えられるよう、準備しておきましょう。

3.も必要不可欠な要素です。いくら優秀な人材でも、熱意が感じられないようでは敬遠されてしまいます。また2.の経験実績や取得資格が充分でない場合でも、強い熱意が感じられれば、採用に至るケースもあると、知っておきましょう。

施工管理のNGな転職理由についてもチェックする

転職サイトのサービスを上手に活用する

上記の内容を見ても「自分にうまくできるだろうか」と、不安に感じる人はいるでしょう。そんな時頼りになるのが、施工管理職専門の求職情報を掲載している転職サイトのサービスです。

こうしたサイトは単に応募者と会社の橋渡しをしているだけでなく、応募者をサポートする対面サービスを提供しています。個別相談の機会を設けて具体的なアドバイスをしてくれるほか、応募の際の面接対策なども授けてくれるはず。ぜひ上手に活用してみてください。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧