今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 今がチャンス!施工管理の求人倍率

今がチャンス!施工管理の求人倍率

このページでは、施工管理職の求人倍率について解説しています。

要注目!施工管理職の求人倍率は?

施工管理職に限らず、特定の職種について求人がどのくらいあり、それに対する応募者数はどのくらいなのかを計る指針となるのが「求人倍率」です。

【求人倍率の見方】

有効求人倍率は、求人数を応募者数で割った値で、「●倍」と表現されます。完全に正確な値ではなくとも、大体の相場がわかります。

例):求人数100÷応募者数200=有効求人倍率0.5
求人数300÷応募者数150=有効求人倍率2

つまり倍率が高いほど、応募者には有利な状況となります。では施工管理職の求人倍率は、今どうなっているのでしょうか?

【2017年1月の施工管理職求人倍率】

5.47倍

※ヒューマンタッチ総研調べ

上記のように、施工管理職の求人倍率は、非常に高いことがわかります。転職を考えるなら、今がチャンスなのです!

なぜ今、施工管理の求人倍率は高いのか

施工管理の求人倍率は、リーマンショック以降、1倍を割る状況となっていました。転職を考える人にとって、苦しい時期だったと言えます。

しかしその数年後の2011年に、求人倍率は2倍以上に跳ね上がります。これは東日本大震災の影響で、復旧事業が急増したため。

また自然災害に対する建造物の脆さを目の当たりにした多くの企業が、老朽化した建物の建て替えや耐震工事を実践しはじめたのです。

こうした動きは東北など主要な被災地に限らず、全国的に広がりました。

2011年以降も、施工管理職の求人倍率は上がり続ける一方。さらなる追い風となったのは、2013年に決定された、東京オリンピックの開催です。

翌年の2014年には求人倍率が4倍となり、現在は5倍以上という値を示しているのだから、驚きですね。

転職を考えるなら、この好機を逃す手はありません。多くの資格や経験を持つ優秀な人材となれば、なおさら。人手不足を実感している企業にとって、あなたは「喉から手が出るほど欲しい存在」かもしれませんよ!

相場より高い?安い?施工管理の年収をチェックする

建設業全体のイメージの低下で人手不足

かつて建設業というと、危険、汚い、きつい、という俗に言う3Kという職種として、求人を遠ざけられていた傾向があります。昔はそれこそすごく劣悪な環境下に置かれて、ひどい労働をしないといけなかったり、安全管理もずさんで、根性や精神論がものを言う時代でした。今こそ、朝礼で安全管理を呼びかけ、少しでも怪我人が出たら工事自体が中止になる程、怪我などには細心の注意を払っています。これだけ言うとデメリットばかりのような気がしてならないですが、メリットも当然あって、普通に会社員などの事務作業をするよりも、高収入を得られる職種でした。現在もそうですが、一般的なイメージが悪いこともあって、他のお洒落な産業であったり、ITなどこれから来るであろう職業を選択しているようになりました。

人が集まらないが需要が多い

建設業に限らずですが、少子化などでそもそも新戦力で働く人材が少なくなってきているのが現状で、コンビニ業界などを見てわかるように、きつい職業と敬遠され、外国人労働力に頼るということになりました。建設業も外国人労働力が多くいますが、まだ施工管理の職種は日本人が活躍している現状です。しかしながら、人材が集まらないという傾向が続いています。

建設業は今後伸びる産業

IT化やAIの登場でコンビニのレジ打ちなどは消滅していく職業であると言われています。こう言う産業は斜陽産業と言われますが、建設業はそうではありません。2020年の東京オリンピックの外国人向けの宿泊施設や、公共事業としてあらゆる建物の美観をよくするために建て替えを図ったり、安倍政権のアベノミクス効果で公共事業が活性化されたり、東日本震災以来の復興事業で求人は倍どころか4倍5倍に求人率が伸びています。

コミュニケーション力が活かせる仕事

施工管理は実際に職人さんのように体を動かして技術を駆使するというのとは違います。受注主の要望による設計図に沿って、職人さんたちをどのように配置して、どのような期間で、どのような人数で完成に向かって作業を円滑に進めるのが業務となります。それに置いて、コミュニケーション力が必須となります。

昔は、親方と呼ばれる年配の方が、若い職人を率いてやっていました。これは、人望なども必要です。この人の言うことなら聞けると言う態度を取っていれば職人さんたちも従います。また、指示も明確である必要があり、これの指示が曖昧だったり、職人さんより知識がなかったりすると、信頼もなくなり、作業に従ってくれなくなります。当然、職人さんも大人なので作業はやってくれますが、ちょっとしたことを聞いてくれるようになるまでは、世間話や趣味の話などをする。下手に出て、職人さんたちが、「しょうがないなー、やってやるか」と思わせたら勝ちです。

そのためにはコミュニケーション力が欠かせないです。このコミュ力に自信がある人はそれが生かせるので、楽しい仕事であると言えます。

段取り力が活かせる仕事

建設業以外でも、製造業でもサービス業でも納期というのが大抵決まっています。そして予算も決まっているので、その中でクオリティを最大限発揮したモノを作ることができるのがプロです。施工管理の仕事はまさにその力がより活かせる仕事で、スケジュールを立て、人員を配置し、より無駄のないように作業を進めてもらうのが必要となります。向いている人は、学生時代に文化祭などの実行委員をしていたような仕切り屋は天職と言えるでしょう。人を動かして成果を上げる。これに喜びを感じる人はいい仕事と思えるでしょう。

クリエイティブな形に残る仕事

サービス業は人に触れ合って笑顔や喜んでいる人とダイレクトに交わりますが、建設業は形に残るので、仕事の成果が実際に目に見える形で残ります。なので、人に自慢もできますし、その建設物を目にして、仕事への達成感に浸ることもできます。昔、図画工作の時間で自分が作ったものに喜びを感じた人などは向いていると言えるでしょう。

家庭があっても収入に気にせずできる

一般的に建設業は収入が比較的高いのが特徴です。なので、家庭を持っていても収入を安定してもてるので、安心して子供を産めたり、学校に行かせることができます。ボーナスも正社員でしたら当然支給されますし、建設バブルなので多めに支給されることが予想されます。

また、クリエイティブ業などと違い、作業は9時17時など定時で決まっており、施工管理の場合は、それ以外にも事務処理などがありますが、極端に終電近くまで作業をするわけではなく、会社によっては残業代も支給されるので、給与面に関しては比較的クリーンな業界といえます。

最近は福利厚生も徹底されており、社会保険に加入していない業者は人材が集まらなかったりと、業界全体が良き方向に進んでいるので、家庭があっても安心です。

資格取得で転職やステップアップも可能

施工管理の仕事は、経験が重要視されますが、転職の際に不利になることも少なくありませんでした。しかし、最近は派遣なども形態も多く、そちらの方が時間が決められており、休みも多くとれることから、時短の働き方を選ぶ人も多くなりました。施工監理技士という国家資格を取っておくと、転職の際も有利です。この資格を取得しておくと、現場監督の主任技術者や管理技術者の選任を受けることができ、収入も上がります。施工監理技士は1級と2級があり、1級を取得すると、新規で建築業者が営業所を立ち上げるとき、一般建設業または特定建設業の営業所で専任技術者の職に就くことが可能になります。この資格を取っておくと転職や昇給に便利です。

施工管理の仕事内容のメリット

仕事内容は現場での安全管理の啓蒙、スケジュールや進行具合の進捗管理、工事のクオリティでの品質管理、工程の指揮など多岐に渡ります。現場にいる日中は、各部署を巡回して、危険行為がないかや、建築基準など要件を満たしているかとか、発注者の要望通りに進められているかを確認します。各セクションを行き来するので体力が必要ですが、各部署から頼られるので、やりがいもあります。また写真撮影もあり、日によっては1日で100枚単位を撮ることになりますので、忙しくしたい人、仕事を充実させたい人は向いているでしょうし、やりがいもあるでしょう。

施工管理に転職するには

施工管理の仕事は現在も東日本大震災から需要が高まっている職種であり、今後も期待出来る産業だと言えます。なので、今現在、施工管理として在籍の方は、転職サイトなどに登録をして、より給与の高い会社に転職するのもオススメです。また、ブランクのある方で経験がある方はまずは転職サイトに登録してスカウトを待つ、条件の良い会社をチェックしておくのがオススメです。また、未経験でも施工管理の資格を持っていたり、未経験のまま他の職種に入ってから在職中に資格を得るなどのケースもありますので、まずは登録をしないと話になりません。建設業以外も検討したい、とにかく職種を広く見たい方はリクナビNEXTが適しているでしょう。求人数も多く、質の高い会社が集まっています。俺の夢というサイトも同様に、ハローワークとも連動したindeedに掲載のある求人情報とリンクしているので、数がとにかく多いです。施工管理求人ナビは、ピンポイントで施工管理の職に絞れるので、マッチングが早いので手っ取り早いので、時間も少なく効率的に転職活動を進められるのではないでしょうか。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧