今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識 » 相場より高い?安い?施工管理の年収

相場より高い?安い?施工管理の年収

このページでは、施工管理の年収について調べています。

施工管理の年収はいくらぐらい?

施工管理の職に就いている人にとって、自分の年収は高いか低いか、というのは気になるところだと思います。

以下をチェックしてみてください。

■施工管理技士の平均年収…450万円程度
■その他の職業の平均年収…440万円程度

上記の平均年収を見ると、施工管理職の年収は平均より若干高い、ということが分かります。

ただし、この数字は平均の年収であり、一級施工管理技士の資格を持っているかどうかでも、平均年収は大きく変わり、一級施工管理技士の平均年収は600万程度とも言われています。

夜勤や残業も多い仕事ですし、天候などにより工事が順延してしまった場合には、休日出勤を余儀なくされることもありますから、当然といえるかもしれません。

もちろんその年収は年代によって差があり、

というのが平均年収となっているようです。

しかし中には、20代でも1,000万円以上の年収がある人もいます。女性が男性と同等の収入が得られる職業としても、注目を集めていますよ。

より高収入を目指すには

若くても1,000万円以上の年収を目指せる、施工管理職。より良い待遇を得るためには、どのようにすべきなのでしょうか。

資格を取る

仕事に役立つ資格を取得していると、年収が上がる可能性も高まります。

特に各種施工管理技士の1級資格を持っている人は、管理者として任せられる現場の幅が広がります。例えば電気工事施工管理技士1級取得者、3,000万円以上の工事現場管理が認められているのです。

企業としてはぜひとも確保したい人材ですので、給与面でも優遇されるケースは多くなるでしょう。試験の難易度は高く、合格率は40%程度となっていますが、収入アップのために、ぜひ努力したいところです。

より良い転職でステップアップ

建設会社の待遇は、会社規模や社風により大きな差があります。より高給で、なおかつ待遇の良い会社を探すには、施工管理職専門の求人サイトを活用するのがベスト。厳選情報を掴み、より良い転職で年収アップを目指しましょう。

転勤必須?高収入が期待できる勤務地をチェックする

年収だけにとらわれすぎない

仕事をするうえで、給与の額は非常に重要な問題のひとつですが、それ以外に待遇面や社風も、充分に検討する必要があります。「仕事漬けの毎日で、ほとんど休みがない」、「体育会系の社風で、有休を申請しづらい」などの会社に転職してしまうと、生活の質全体が著しく低下してしまいます。

近年、被災地や都心部では建設ラッシュとなり、慢性的な人手不足が続いています。そのため、驚くほど高い給与を提示する会社もありますが、飛びついてしまうのは考えもの。待遇面は散々ということもありますので、よく検討する必要があります。

また現在のような好景気が落ち着いた後も、安定した経営を続けられる会社であるのかどうか、シビアにチェックを。

「1980年代のバブル期の建設ラッシュ後に、倒産した会社は数多かった」
という歴史的事実は、教訓として活かさなくてはなりません。

目先の高給だけに惹かれ、ずさんな経営の会社を選ばないよう、十分注意することが大切です。

施工管理で転職!年収アップを目指すには?

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧