今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 【規模別】ゼネコンの施工管理転職のメリット・デメリット

【規模別】ゼネコンの施工管理転職のメリット・デメリット

ゼネコンへの転職を検討している施工管理技士に、役立つ情報をまとめています。

施工管理者の夢?ゼネコンへの転職

施工管理者として働いている人が、転職先として魅力を感じるのは、ゼネコンです。

ゼネコンとは

「General Contractor」の略称。総合建設業者として、マンションやビル、その他施設など大型の建設を請け負える企業を指す。その作業をすべて自社で担当するわけではなく、元請業者として施工全体を管理する役割に重点を置いている。

ゼネコンの種類

ひと口にゼネコンと言っても、会社規模により種類はあります。

  • スーパーゼネコン…単独で売上高が1兆円以上
  • 大手ゼネコン…単独で売上高が4,000億円以上
  • 中堅ゼネコン…単独で売上高が1,500億円以上~3,000億円未満
  • 地場ゼネコン…地域密着型のゼネコン。売上高は上記よりも低い

規模が大きいゼネコンほど、給与も良くなりますので、社員は金銭的なメリットを感じやすくなるでしょう。

その反面、規模の大きなゼネコンほど大規模なプロジェクトを手掛けているため、その施工を管理するのは並大抵のことではありません。やり甲斐の大きさに比例して責任も大きくなりますし、スケジュールを遵守するため犠牲にしなければならないことも、多くなるでしょう。

また近年は、東北地方などの被災地、オリンピック開催を控えた首都圏が建設ラッシュを迎えているのに対し、それ以外の地域の大型建設を請け負う「地場ゼネコン」の業績は悪化しつつあります。転職の際は、慎重な検討を忘れないように。

スーパーゼネコンに転職するには?

こちらでは、スーパーゼネコンに転職するために知っておきたい情報をまとめてご紹介しています。
スーパーゼネコンで募集されている職種や、取得していると有利になる資格なども掲載していますので、是非参考にしてください。

スーパーゼネコンに転職するには?について詳しく見る

大手ゼネコンに転職するには?

こちらでは、大手ゼネコンに転職するために知っておくと役立つ情報を掲載しています。
取得していると役立つ資格や求人情報などが人目で確認できるので、こちらのページを見るだけで転職活動がスムーズになるはずです。

大手ゼネコンに転職するには?について詳しく見る

中堅ゼネコンに転職するには?

こちらでは、中堅ゼネコンに転職するために役立つ情報をご紹介しています。ゼネコンは中途採用を幅広く募集していますが、応募する人が多いのも事実。取得しておくべき資格やスキルについても解説していますので、一歩先に出る転職活動をするために、ぜひこちらの情報をお役立てください。

中堅ゼネコンに転職するには?について詳しく見る

転職の際、有利になる資格は

国土交通大臣の発行している、施工管理技士に関する6つの資格を取得していれば、転職の際に有利に働きます。なかでも、ゼネコンで歓迎されるのは以下2つの資格と言われます。

■土木施工管理技士…
規模が大きくなりやすい工事なので、有資格者の存在が現場で重宝される。

■電気工事施工管理技士…
1級の有資格者なら、3,000万円を超える金額の電気工事現場を担当できる。

ゼネコンへの転職者たちの声

大手ゼネコンへの転職で年収が約2倍に!
中堅から大手のゼネコンに転職しましたが、年収は2倍近くなりました。また有給休暇もきちんと取れるようになったのがうれしいです。労働組合があるというのは、すごいことだと思いました。

大きな現場を任せられやりがいを実感
地場ゼネコンから建設会社に移りました。地場ゼネコンは案件が減少しており、待遇も悪くなってきたので転職を考えました。現在はゼネコンでの経験が重用され、大きな現場を任されているので、やりがいがあります。

いきなりの転職は無理?

年商50億円未満の企業から、いきなり年商500億円以上のゼネコンへの転職は難しいと言われています。

そこでおすすめなのは、派遣社員として大手ゼネコンの職場を経験するという方法。転職期間中、一時的に大手ゼネコンの派遣社員として働く時期を設けることが、次の就職に役立つのです。

施工管理者の求職を専門に取り扱う転職サイトに中には、上記のような転職術のサポートに対応してくれるところもあるので、ぜひ上手に活用してください。

ゼネコンから公務員に転職する人が多いって本当?

ゼネコンに勤務している若年層の中には、40代や50代の社員と所長のみの事務所に新人として配属されるケースなどがみられます。

ゼネコンの現場で培った経験や知識、スキルを転職のきっかけにする人が多いようですが、なかには経済的理由や、公務員という職種の安定感を求める方も少なくありません。

ゼネコンから公務員に転職することで、役所にとっては現場を知る即戦力が得られるというメリットもあります。つまり転職する側だけでなく、採用側にとってもメリットがあるために、お互いの立場を尊重した結果、転職に成功するという状況がみられます。

転勤などを理由に、地元に定着しやすい公務員に転職する人もいる

ゼネコンの社員は転職が多く、単身赴任を繰り返して現場を転々とすることもあります。それが全体的なスキルアップにつながっているとはいえ、建設業界は流動的な業界であるため、その場に定着して仕事に打ち込めるという安定性を求めて公務員を志す人も。

ゼネコンといってもさまざまな職種や職場がありますが、先への見通しが立ちにくい場合は、故郷などにUターンしてそこで公務員として働こうとする人もいます。

公務員になるためにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、年齢的に転職が可能である場合、公務員として建築系の部署に思い切って転職を行うケースもあるようです。

公務員に転職したからといって成功する人ばかりではない

ただし、公務員に転職したからといって必ずしも成功に結びつくとは限りません。職場でやりたかったことが思ったことと違う場合、転職してよかったのだろうかと思い悩むことも。

公務員は「安定性」が最大の魅力ですが、ゼネコンの現場のほうがスキル的に磨かれることもありますし、自分の伸び代を見つけて伸ばしていけるといったメリットもあります。

どんな仕事でも必ず身になりますから、常に視野を広くしておくことが、仕事を本当の意味で自分のものにするコツかもしれません。

収入や仕事のやりがいを考えて転職先を選ぶべき

ゼネコンからの転職は、いわゆる即戦力とされる30代の中堅層にもみられます。複数の工事現場を見てきた経験、専門的な資格を武器に、新たなフィールドへと活路を見出す人がいます。

30代といえば、転職をすべきか否か真剣に悩む時期でもあります。公務員には確かに安定性がありますが、ゼネコンには大きなやりがいや収入の伸び代が期待できるため、転職先は公務員に限らずに選ぶことが大切です。

施工管理としてふたたびゼネコンへの転職を成功させるには

施工管理技師としてふたたびゼネコン業界への転職を考えているなら、あらためて激務になることを理解し、その他仕事内容が納得できるものなのか確認する必要があります。

正直なところ、ゼネコン業界で緩く業務ができるところは稀。転職をする前に、気になる企業の休日や条件などをチェックしておくことはもちろん、社風も把握しておかないと失敗する可能性が高まるので注意が必要です。

また、会社規模を強く意識してしまうと平常心を失い、給与面ばかりに目がいく原因になります。大手になるほど給与面は良くなりますが、その分激務になり、責任感も増すことになります。

以下に施工管理技師として、ふたたびゼネコンへの転職を成功させるためのポイントをまとめました。

土日休みなど条件のチェック

基本的にゼネコン業界は週休2日、その他各種有給休暇制度が設けられていますが、ゼネコン業界は工期に追われているということもあって、休日返上で仕事をする従業員がほとんどです。

近年はコンプライアンスを強く意識する企業が増えたため、大手ゼネコンほど週休2日になるよう徹底したり、極力残業がないよう努めているようです。しかし、中堅と呼ばれるゼネコン以下は休日返上、残業は当たり前という中での業務を余儀なくされるケースが多くなります。

大手になるほど、給与面は高くなるものの激務になることは確かなので、求人に応募する前に休日情報だけでなく、その他条件をチェックしておきましょう。

社風を見ておくこと

ゼネコン業界の社風はどこも一緒というわけではありません。企業によって価値観や社員の雰囲気や特徴は大きく異なります。つまり、社風があなたに合っていないと転職はほぼ間違いなく失敗すると言っていいでしょう。

そこで自分に合う社風を明確にし、以下のような分析を行なってみてください。

  1. あなたのキャリアにおける整理
  2. 趣味・仕事・できることの分別
  3. 仕事内容など転職条件の優先順位をつける
  4. 自分自身の市場価値を客観的にみる

その上で、これまでの就職で経験した「嫌だったものの耐えることができたこと」と「どうしても耐えられなかったこと」を思い出し、あらためて気になる転職エージェントから得られる求人情報と照らし合わせてみましょう。

また、インターネット上には企業に対する口コミや評判などの情報も掲載されていることがあります。信ぴょう性は高いとは言えませんが、転職における判断材料にはなるので収集するのもいいと思います。

会社規模に捉われない

大手企業と小さな企業では給与面はもちろんのこと、仕事の進行、雰囲気、裁量権などさまざまなものが大きく異なります。

誰しも生活の安定を求めて大手ゼネコンへの転職を夢見るかと思いますが、会社規模における環境の違いに適応することができず、働くモチベーションが低下してしまうケースは珍しくありません。その逆で大手から中堅以下に転職した場合にも同様のケースに陥ることもあります。

会社規模を強く意識してしまうと給与面ばかりこだわってしまう原因になり、今後働いていく上で重要なさまざまな要素を見逃してしまうので、できるだけニュートラルな精神状態を保つようにしましょう。

転職を成功させるためには人間関係に順応すること、仕事の進行に対する余裕を持つことが大切です。

専門転職エージェントの活用

ゼネコンで施工管理技師として転職を成功させたいなら、一般的な求人サイトなどよりも「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

施工管理技師を専門もしくは得意とする転職エージェントなら、自分が希望する各ゼネコンの求人情報を満足いくまで吟味することができます。

また、転職エージェントによっては電話での無料コンサルティングに対応していたり、非公開求人の紹介を行なっているところもあるので、数件を併用することで転職の成功率がアップします。

ゼネコン業界ならココ!頼れる転職エージェント3選

転職エージェントには得意とする業界があり、自分の希望する業種を多く扱っているエージェントを利用することで、転職の成功率が高まります。
以下にゼネコン業界に転職する際に頼りになる転職エージェントを3つご紹介します。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビ公式サイト画像キャプチャ
画像参照元:施工管理求人ナビ公式サイト
https://sekokan-navi.jp/

「施工管理求人ナビ」は、建築業界に特化した求人情報を取り扱っている転職エージェントです。管理職や設計、CADオペレーターなど、さまざまな職種を取り扱っています。

業界を絞っている分好条件の求人情報が多いことで知られ、なんと利用者の9割以上が転職に成功、転職成功者のうちさらに9割以上が年収アップにも成功しているという実績があり、建築業界への転職を希望する人にとって最適な転職エージェントです。

利用方法も簡単で、パソコンやスマホからホームページにアクセスし、無料の会員登録をすればすぐに利用可能。サイト内で気になる転職情報が見つかれば、「転職支援サービス」に申し込むと、エージェントからのサポートを受けられるという流れです。

サポート内容としては、電話での無料コンサルティング、サイトに掲載していない非公開求人の紹介などが中心で、転職に成功するとお祝い金が進呈されるという点も特徴。転職する企業によっては祝い金が10万円を超えることもあるようですので、かなりサービスの手厚いエージェントだといえます。

俺の夢

俺の夢公式サイト画像キャプチャ
画像参照元:俺の夢公式サイト
https://www.oreyume.com/

「俺の夢」も、建設業界に特化した転職支援を行っている転職エージェントです。技術職から管理職、設計など、幅広い職種の求人情報を保有しています。

1980年に創業された「株式会社夢真」の運営する企業で、千代田区にある本社では建築業界未経験の転職希望社に対し、会社説明会などのイベントを定期的に開催しています。「俺の夢」の特筆すべき点は、求人情報数が業界トップクラスであるということ。なんと10万件以上の求人情報を保有しているため、建築業界への転職を希望している人は、理想の転職先がきっと見つかるはずです。

また、転職というと若い年代を求めている企業がほとんどだというイメージですが、「俺の夢」では50代以降の転職支援も積極的に行っています。年齢やブランクがネックでなかなか転職できない人にとって、とてもありがたいエージェントですね。

自社のみが保有している求人情報も多数あるほか、高年収の求人情報も数多く抱えているので、ぜひ登録しておくとよいでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT公式サイト画像キャプチャ
画像参照元:リクナビNEXT公式サイト
https://next.rikunabi.com/tech_doboku/lst_jb0808020000/

「リクナビNEXT」は、リクルートが運営する転職サービスで、幅広い業界の転職情報を数多く保有する、転職エージェントの中でもトップクラスの企業です。新卒を対象としている「リクナビ」と、転職をサポートする「リクナビNEXT」、派遣を対象としている「リクナビ派遣」の3つのサービスを運営しています。

「リクナビNEXT」は、建築業界に特化したサービスではありませんが、その知名度の高さから多くの利用者がいるため、建築業界の案件も充実しています。利用者の6割以上が年収アップでの転職を成功させているようですので、情報収集のためにも登録しておくと役立つでしょう。求人情報は毎水曜日と金曜日に更新されるので、チェックするならこの日が狙い目。

登録をすると、「マイページ」で検討中企業の管理ができるほか、希望する業種に特化した求人情報を抽出することもできます。また、「スカウトサービス」に登録しておくと、予め入力しておいたスキルなどを参照して企業からのスカウトが入りますので、ぜひ利用してみては。

転職エージェントをうまく選んでゼネコン転職を成功させる

ゼネコンは、転職情報サイトでも多くの求人情報を見つけることができ、個人で転職活動をして転職を成功させている人も多いです。
しかし、個人での転職活動となると求人情報に記載されていた内容と実際が異なっていることも多く、後のトラブルに発展することも少なくありません。
また、年収アップを目的に転職活動をしようとすると、なかなか成功しないという人もいます。
そこでぜひ活用したいのが、転職エージェントなのです。
転職エージェントでは、企業が求める人材や、雇用条件を細かく確認した上で転職希望者に紹介してくれるので、雇用条件の認識が異なるということがなく、安心して転職に臨めます。
また、年収アップにおいても応募者が持つスキルや人間性を最大限にアピールしてくれるので、理想の収入を得られる可能性が大きく高まるのです。
転職エージェントの利用においては、転職希望者は無料でサービスを利用できるところがほとんどなので、リスクを負う心配がない点もポイント。
複数の転職エージェントを利用すれば、より選択肢が広がります。
まずはいくつかの転職エージェントをチェックし、自分が利用しやすいと感じたところ数社に登録をしてみましょう。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧