今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » 鉄道の施工管理の仕事

鉄道の施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・鉄道の施工管理について解説しています。鉄道工事を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をご覧ください。

鉄道工事の施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、これまでに担当したことのない鉄道工事を請け負う会社の求人にめぐり合うことがあります。

鉄道工事には大別して、新規の建設と保守の現場があります。着工から完成までの間には苦労も多くありますが、多くの人が利用する交通機関です。やりがいも感じられる仕事となるでしょう。

例えば都内では現在、有数の繁華街・渋谷駅の大規模な改良工事が行われています。こうしたビッグプロジェクトに仕事として関わる経験は、大きな財産となってくれるはずです。

【鉄道工事の施工管理の特徴】

工事現場の監督だけでなく、線路の線形測量や、鉄道電気工事、在来線・新幹線の信号通信設備などがあり、その内容は多岐に渡る。

鉄道工事案件は未経験でも、土木工事での施工管理経験は歓迎されます。経験値の高い人は、給与や待遇面で優遇されることが多いでしょう。

鉄道工事の施工管理で有利になる資格

道路工事を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

  • 電気工事施工管理技士
  • 土木施工管理技士

電気工事施工管理技士1級の有資格者は3,000万円以上の電気工事も請け負えるため、大規模な鉄道工事を手掛けるゼネコンからは歓迎されます。

土木施工管理技士の場合は1級を取得していると、現場を指揮する「監理技術者」としても活躍できるので、ぜひ取得しておきたいもの。有資格者は優遇されるでしょう。

また鉄道工事では測量が重要なので、経験者は重宝されます。可能であれば測量士の資格も取得しておくと良いかもしれません。

鉄道工事の施工管理体験者の声

前職でのスキルを活かして転職
新卒で電気関連の会社に就職して以来、電気一筋できましたが、転職してからは地下鉄工事の施工管理を担当するようになりました。昔の仲間に仕事を頼めることもあり、楽しく働けています。

自分で施工したものが残るのが魅力
生活に必要不可欠な交通機関に、仕事として携われるのが最大の魅力です。また、自分が施工した踏切などの設備が、目に見えるかたちで残ることも魅力だと思います。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧