今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » 公共施設の施工管理の仕事

公共施設の施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・公共施設について調べています。
公共施設建設を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をチェックしてください。

公共施設の施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、これまでに担当したことのない公共施設の建設を請け負う会社の求人にめぐり合うことがあります。

【公共施設の施工管理の特徴】

  • ひと口に公共施設と言っても内容は幅広く、学校や官公庁、公立病院などが含まれる。
  • 施工/安全管理、保守点検などが業務内容に含まれる。
  • 建築関係の業務経験や知識、資格が重視される。

公共施設の案件は大規模になることがあり、中には1,000人以上のスタッフを束ねる役割を任されることもあります。そうした現場を経験したことがない人よりも、ゼネコンや国土交通省関係の仕事をしていた人の方が、優遇されやすいでしょう。

公共施設の施工管理で有利になる資格

公共施設を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士

建築施工管理技士はもちろん、公共建設には電気工事や管工事、そして土木工事の要素も必要になってきますので、専門知識が多いほど、現場で重宝されるでしょう。

特に電気工事施工管理技士1級の有資格者は3,000万円以上の電気工事も請け負えるため、公共事業を手掛けるゼネコンからは歓迎されます。「まだ取っていない資格」がある場合は、取得を検討しておくと良いかもしれません。

各資格ともに学歴・実務年数により取得できるものとそう出ないものもあり、等級も違ってくるので自分の現在の状況を加味して、取得できるものとそうでないもの確認しておきましょう。

とくに公共施設というのは建物の中でも重要度が高い仕事になってくるので資格の有無は、携わる上で大きく影響してきます。

また施工管理技士の国家資格以外に、建築設備士の資格やCADオペレーターの経験がある人も、優遇されやすくなります。

なお公共施設建設への入札が可能な企業は優良であることが多く、社員の資格取得を支援してくれるところもあります。

現在の住宅建設業界とは?

まずは公共施設の建設の現状から話していきたいと思います。
公共施設の多くは、市民からの税金で賄われています。
その税金をもとに各公共事業の予算を決めていきます。
それなので公共施設への予算が一定の金額回ってくることになります。
せっかく回ってきたこの予算を使わないわけにはいかないので、毎年何かしらの施設や設備にお金をかけることになります。
そのことから毎年、一定数の仕事は確実に舞い込んできます。
また老人ホームや病院など民間経営の施設でも公共施設に含んでしまうのならば、こちらも毎年一定数の仕事は舞い込んできます。
その理由は後ほど。

公共施設業界の今後の展望

公共施設業界というのは公共事業との絡みが密接なので、受注数が安定しているというのは紛れもない事実です。
それに加え今後は、現在社会問題になっている事柄の2つが大きく絡んできます。

待機児童問題

まずは待機児童の問題。待機児童の問題原因というのは慢性的な保育園不足。
一昔前とは違い、現在は共働きの家庭が増えてしまっている状況です。
その状況により預かり時間が短い幼稚園の需要よりも、預かり時間の長い保育園の需要が増加してしまいました。
これにより保育園は需要の数よりも足らなくなり、幼稚園に方は、地域差はありますが比較的空きのある状況が出来てしまいました。
そこで幼稚園と保育園を合体させた、こども園というものが今後、一般的になることが予測されます。既にこども園があるという地域もあります。
こども園を作るとなると新築や改修工事といった公共事業を行わないといけないので、これからもますます忙しくなるでしょう。

超高齢化社会問題

次に超高齢化社会の問題。
これはいうまでもなく今後ますます深刻な状況を迎えます。
今までも各地で老人ホームの建築はなされてきましたが、今後もますます老人ホームを増やしていかなければなりません。
そのような状況だと当然、まだまだ公共施設の建設業は忙しくなります。

他にも公共施設というのは様々あり忙しくなる状況が考えられます。
しかしこの2つだけでもこの分野が衰退することはありません。

公共施設の施工管理体験者の声

任されることも多く、成長を実感
公共施設の施工を専門に行う会社に転職しました。まだ先輩と一緒に現場管理をしている状態で、知識も経験も不足していることを実感していますが、同時に任されることも増えてきており、成長を実感できています。

社会貢献をしている充実感があります
公共施設の建設に関わっていると、自分の仕事が社会貢献につながっていると感じられて、充実感があります。また前職にはない資格取得サポートなどもあって、日々成長できていることを実感できています。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧