今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » 住宅の施工管理の仕事

住宅の施工管理の仕事

このページでは、施工管理職の転職先のひとつ・ハウスメーカーでの仕事内容について調べています。

ハウスメーカーの施工管理職への転職

施工管理技士として、ビルや土木工事などの現場に携わっていた人が転職を考える際、ハウスメーカーもその選択肢の一つとなりえます。

【ハウスメーカーでの施工管理の特徴】

  • 一般の人の住居を建設する工事を管理する。
  • 職人のほかに、施主とのやり取りが発生する。
  • 近隣住民への挨拶回りや、苦情対応なども業務内容に含まれる。

住居には、施主の夢や希望が詰まっているもの。女性や子供たちとやり取りするケースも多く、対企業や自治体などとの仕事と違い、反応がダイレクトに伝わってきます。このため、人によっては強いやり甲斐を感じられる場合もあるでしょう。

住宅建設の施工管理で有利になる資格

ハウスメーカーへの転職を考える際、有利に働くのは以下の資格です。

  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士

建築施工管理技士は言うまでもないですが、住宅建設には電気工事や管工事の要素も数多く混在してきますので、専門知識が多いほど、現場の職人たちからも頼りにされる存在になれるでしょう。「まだ取っていない資格」がある場合は、取得を検討しておくと良いかもしれません。

しかし各資格ともに学歴・実務年数により取得できるものとそう出ないものもあり、等級も違ってくるので自分の現在の状況を加味して取得できるものとそうでないもの確認しておきましょう。

ハウスメーカーで働く際、留意しておきたいこと

ハウスメーカーにも「一般住居だけを手掛けるところ」から、「マンションの建設までを手掛けるところ」まで、種類や個性があります。

いったんハウスメーカーで修業を積み、また違う内容にチャレンジしたいという計画がある場合は、マンション建設にまで関われる大手を選ぶと良いでしょう。多彩な経験が、後の転職に役立ってくれるはずです。

またハウスメーカーの中には、木造建築を専門にしているところもありますが、施工管理技士としては、RC造やS造も経験しておく方が「潰しが効く人材」として重用されます。

現在のハウスメーカー業界とは?

現在のハウスメーカー業界の状況を話していきたいと思います。
一般住宅はビルやマンションとは違い、建設受注が多い時とそうでない時の差が激しいものとは違い、一定数の受注は常時期待できます。
一般住宅というのは当たり前ですが、個々で建てるものなので、その時々の経済状況などに左右されないからです。
そのことから比較的、安定度が高いと言っても良いでしょう。
マンションについては、建設受注の差が激しいと話しましたが現在、マンション受注は全国的にも増えています。
また都市開発を行う流れが都道府県全体で増えていて、このような流れになっていれば、住宅の受注数は右肩上がりで増えいきます。
しかし懸念されることもあり2020年の東京オリンピックが終了してしまうと、現在の建設ラッシュ状態も終了してしまうという説もあります。
ところが10年ぐらい前も建設ラッシュが突然始まり、建築業界は人手と資材が足りなくなるぐらい状況でした。
それも何年か後に収まり停滞期を迎えていました。
このような形で建設業界というのは建設ラッシュを繰り返していくものなので、停滞期を迎えても心配する必要はありません。
現在のように何度も盛り返し建設業界は、非常に粘りのある業界といって良いでしょう。

ハウスメーカー施工管理の今後の展望

ハウスメーカー業界は先ほども話しましたが、「一般住居だけを手掛けるところ」から、「マンションの建設までを手掛けるところ」まで、種類や個性があるため、住宅建設の受注の流れが滞ってしまうことはなく安定していると言えます。
また新築の受注だけではなく現在、DIYを趣味で行う人が急増していて
その流れも追い風になっています。
DIYを行うと必ず素人では手が出せない部分が出てきます。
そのDIYブームにより既存の建物をリフォームやリノベーションする流れが見直されてきたのです。
住宅の部分リフォームやリノベーションの受注数は右肩上がりで増えている状況です。
今後もこの流れはまだ続きそうでリフォームという流れだけでは満足せず、住宅をリノベーションして建物を住みやすく長持ちさせようという方向に流れが向きつつあります。
そのことからまだまだこの業界は伸び代があります。

ハウスメーカーの施工管理体験者の声

ハウスメーカーの転職は慎重に選ぶべき
私は以前別のハウスメーカーで施工管理を担当していたのですが、品質管理が曖昧なのに嫌気が差し、現在のハウスメーカーに転職しました。現在は明確な品質管理の基に仕事ができており、満足。ハウスメーカーにも色々あるので、転職の際は慎重に検討してください。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧