今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » 除染(中間貯蔵)の施工管理の仕事

除染(中間貯蔵)の施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・除染の施工管理について調べています。除染工事を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をご確認ください。

除染工事の施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、除染工事を請け負う会社の求人にめぐり合うことがあります。

除染とは東日本大震災でダメージを受けた、福島県の原子力発電所による汚染土壌を除去し、中間貯蔵施設へと輸送する工事です。すでにピークは過ぎているものの、復興への過程で、まだまだ需要は多くあります。

その業務内容に伴い「特殊勤務手当」が支給されるため、他の現場に比べると年収は倍以上になることも。さらに新技術が惜しげもなく導入されている現場だけに、唯一無二の経験値を高めていくことができる仕事です。

【除染工事の施工管理の特徴】

受入・分別施設や貯蔵施設の新設、輸送管理業務の施工管理が主な業務内容。

除染工事の施工管理は誰もがやりたがる仕事ではありませんが、前人未到の国家プロジェクトであることは確か。また自分の意見や仕事ぶりが尊重され、評価につながりやすい仕事でもあります。努力次第で、やり甲斐も強く感じられるでしょう。

とは言え安全性には不安があるのも事実。一定の基準を満たす求人を求めるなら、施工管理の転職情報を専門に掲載する求人サイトに登録し、厳選された優良情報だけを提供してもらうようにしましょう。

除染工事の施工管理で有利になる資格

除染工事を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士の場合は1級を取得していると、現場を指揮する「監理技術者」としても活躍できるので、ぜひ取得しておきたいもの。有資格者は優遇されるでしょう。

また造成工事や測量の経験がある人材は、現場で歓迎されます。

除染工事の施工管理体験者の声

社会貢献と同時に賃金の高い仕事
震災復興に役立っているとリアルに感じられる仕事です。また社会貢献と同時に、非常に賃金の高い仕事ですので、事業が続く限り、働き続けるつもりです。

周囲からの協力は不可欠です
何といっても除染現場ですから、良好なマナーは期待できません。作業員はひと癖もふた癖もある人たちばかりですし、職員にもだらしない人が多いのです。私の場合は朝礼という習慣を設けることで、事故や事件を未然に防ぐよう努めています。周囲からの協力は不可欠ですし、作業員一人ひとりと向き合う姿勢は欠かせません。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧