今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » ダムの施工管理の仕事

ダムの施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・ダムについて調べています。ダム工事を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をチェックしてください。

ダム工事の施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、これまでに担当したことのないダム工事を請け負う会社の求人にめぐり合うことがあります。

ダムは土木工事に従事する人にとって、一度は参加してみたい現場。ダム工事の経験は技術者にとって、ひとつのステータスともなっています。建設現場には集まる世間からの注目度も高く、見学ツアーの開催や、各地に訪れる「ダム女」の存在がマスコミに取り上げられる機会も、多くなっていますよ。

【ダム工事の施工管理の特徴】

  • ダム工事には新規建設のほかに、管理支援業務もある。管理支援は周辺点検と機器監視業務に大別される。
  • ダムの維持管理のため、土の中に機器を埋め込み、ダムの状態を検証するための現場もある。
  • 施工管理の主な業務は、スケジュールや人員配置、納期や進捗管理、近隣住人の対応など多岐に渡る。

ダム工事案件は未経験でも、土木工事での施工管理経験は歓迎されます。特に水処理プラントの現場経験や、マリコンでの勤務経験がある人は、給与や待遇面で優遇されることが多いでしょう。

ダム工事の施工管理で有利になる資格

ダム工事を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士の場合は1級を取得していると、現場を指揮する「監理技術者」としても活躍できるので、ぜひ取得しておきたいもの。ダム工事未経験者の転職の場合でも、土木施工管理技士の有資格者は優遇されるでしょう。

ダム工事の施工管理体験者の声

色々な分野の仕事が学べるのが面白い
ダム工事はコンクリート作りから自分たちでやらなければならないため、大変ですが、その分色々な分野の仕事が学べるのが面白い。規模も大きい仕事です。その経験は社内でも重用されます。私は過去の実績を買われ、今単身赴任で新規のダム建設に関わっています。

大変なことも多いけれど、充実感があります
冬は土が凍って掘り進むのが困難に。発破を仕掛けたり、24時間体制で掘るなど苦労は多いです。また完成の検査前は、提出書類の準備に大忙し。深夜まで作業に取り組みます。だからこそ「検査合格」の声を聞くと本当に充実感があります。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧