今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » 造成の施工管理の仕事

造成の施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・造成について調べています。造成建設を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をチェックしてください。

造成の施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、これまでに担当したことのない「造成」を請け負う会社の求人にめぐり合うことがあります。

造成とは「宅地造成」を指すことが多く、例えば一般住宅やマンションなどを建設する際、その土地を整備するために行われる工事です。

造成から建設までをワンストップで行う大手マンションディベロッパーもありますし、被災地で某かの施設があった場所の土地を改めて整備し、再建設への道筋を作る案件などもあります。

【造成の施工管理の特徴】

用地の選定、工事に関する見積書の作成、工程/予算管理、現場監督、近隣に対する工事の説明などが業務内容に含まれる。

造成はどんな建設にも必要とされる工程なので、経験値を高めておくと、他の施工管理を担当するときにも役立ちます。

また「造成は未経験」という人材にも、イチからの指導を提供する求人が、数多く存在しています。

造成の施工管理で有利になる資格

造成を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士というと、道路や鉄道、水道などの現場で役立ちそうな印象がありますが、その知識は造成にも活かせます。特に1級を取得していると、現場を指揮する「監理技術者」としても活躍できるので、ぜひ取得しておきたいもの。

現在は被災地に造成案件が数多くあり、有資格者は優遇される傾向があります。

造成の施工管理体験者の声

精神的にも体力的にもタフになれました
現場に出たばかりのころは、職人さんたちとのコミュニケーションの難しさに悩みましたが、相談をぶつけてみると優しく応えてくれる人ばかりでした。外の現場ですから、夏の暑さや冬の寒さを体験することになります。今は精神的にも体力的にもタフになれた気がしています。

評価してもらえる仕事なので、やりかいがあります
前職では公共施設の施工管理をしていましたが、現在は住宅の造成工事を専門に行う会社に転職しました。施主や近所の方々と直接話し合い、評価していただける仕事なので、やりがいを感じやすいです。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧