今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 施工管理技士の転職先の主な仕事内容 » ビルの施工管理の仕事

ビルの施工管理の仕事

このページでは、施工管理者が担当する現場のひとつ・ビルの施工管理について解説しています。

ビル建設を請け負う企業への転職を検討している人は、ぜひ内容をチェックしてください。

ビルの施工管理職への転職

施工管理技士が転職を考える際、これまでに担当したことのないビルの建設を請け負う会社に魅力を感じることがあります。

【ビルの施工管理の特徴】

  • オフィスビルはもちろん、一般住居の集合体であるマンションも含まれる。
  • 新築はもちろん、修繕工事の現場も数多くある。
  • 工事内容や手順、スケジュールなどをビルオーナーや、マンション管理組合へ提案することも業務のひとつ。

「施工管理の経験はあっても、ビルは担当したことがない」という人は、規模の大きさに戸惑ってしまうことも…。とは言え、はじめは先輩とチームを組み、数年かけて独り立ちするという育成法を設けている企業は多いので、必要以上に心配することはないでしょう。

ビル建設の施工管理で有利になる資格

ビル建設を施工管理する際、有利に働くのは以下の資格です。

  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士

建築施工管理技士は言うまでもありませんが、ビル建設には電気工事や管工事も必要となりますので、専門知識が多いほど、現場で重宝されることは間違いありません。1人で複数の施工管理の資格を持っている施工管理技士も多いので、「まだ取っていない資格」がある場合は、取得を検討しておくと良いかもしれません。

各資格ともに学歴・実務年数により取得できるものとそう出ないものもあり等級も違ってきますが、ビルは規模が大きい建物になってくるので等級の高い資格でないと施工管理職につけない可能性もあります。

現在のビル建設業界とは?

ここからはビル建設の現状から話していきたいと思います。
ビルといってもどこの街にもあるような、5階建て程度の1階ごとに様々な会社が入っている感じの小さめのビルから、企業が建てた自社ビル、商業施設・会社・宿泊施設が入り混じった巨大なものまで種類はたくさんあります。
そのことからビルというのは意外にバリエーションが豊かなのです。
現在、東京オリンピックに向けての建設ラッシュに恩恵を受けて、都心を中心に建設ラッシュでバンバンビルが建てられている状況です。
この建設ラッシュで建てられているビルというのは、タイプで分けると巨大なものが多いのです。
巨大なビルというのは小さいビルに比べ、やはり建設費がかかります。
建設費がかかるということは、業者の利益率は上がります。
それを加味していくと、ビル建設業界の状況は良好と言っていいでしょう。
また世の中の流れから商業施設が入った大きめなビルというのが流行っているので、これからもこの状況は続くでしょう。
国土面積が少ない日本にとってビルという、その一棟の中になんでも突っ込める建物は非常に合理的なのです。

ビル建設業界の今後の展望

ビルの建設というのは今後も積極的に行われると上記でも話しましたが、建設することだけが施工業者の仕事ではありません。
日本のビルというのは歴史があり、古いものだと昭和の建設ラッシュで建てられたビルは老朽化が進み、ガタがきているものが日本には多く点在しています。
また新しい建物に見えるバブル期(昭和後期から平成初期)に建てられたビルも、もう30年前後の築年数を経過しているのでこちらも上記と同じくガタがきているビルが多い状況です。
そこで現在、各地でそのビルをリニューアルして長く使っていこうという流れや、思い切って建て替えようという流れになってきています。
リューアルすることになると当然、施工管理会社へ依頼が来るので受注は増えていきます。
また建て替えることになると、解体の計画や新築の計画の受注が増えます。
このようなことを考えていくと、今後も仕事が少なくなってしまうという可能性は限りなく低く、逆に今後ますます仕事が増えていく業界と言えるでしょう。

ビル建設の施工管理体験者の声

経験が浅くても不安要素はないです
私が転職した会社には、施工管理を担当している人が10名ぐらいいるので、経験が浅くても心配はありませんでした。先輩から「どんなサポートが現場で喜ばれるのか」教えてもらっているところです。物件に愛着も沸いており、やりがいを感じています。

経験値がアップします
長い工期をスタッフやクライアントと過ごすので、人間関係が深められます。また現在の会社は、ローキャリアでも多くのチャンスを与えてくれているので、経験値が高まっており、とても感謝しています。

スムーズに仕事を進められるように
前職では商業施設の施工管理を担当していました。現在はマンションの大規模修繕を専門とする会社に転職し、施工管理を担当しています。中途でも現場を任せてくれるので、スムーズに仕事が進められています。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧