今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 年代別に見る施工管理の転職事情 » 30~40代

30~40代

このページでは30代、40代の施工管理技士の転職について調べています。

施工管理技士の転職【30代編】

施工管理職に限らず、30代はまさに働き盛り。20代にも負けない体力に加え、経験値も高まっており、社会人として充実の時を迎えている年代です。

建設業界が転職の応募を待っているのはまさにこの30代で、「喉から手が出るほど欲しい」存在。有資格者ならなおさらで、引く手あまたの状況と言えるでしょう。

ところがこうした人材ほど「転職は検討しているけど、実際の行動に移していない」というケースは多い様子。まず毎日の仕事に忙殺されていること、そして現職の企業が「絶対に手放したくない」と考え、それなりの待遇を与えているからかもしれません。

建設業界を取り巻く状況について、先を読んでおくことは重要です。

首都圏を例に取ってみると、現在は東京オリンピック開催に向けた建設ラッシュ、そして震災後に高まった耐震アップグレードへの需要で、バブル期をも凌駕する好況に沸いています。

しかし、10年後は…?そう考えた時、中小ゼネコンで働く人は、危機感を覚えなくてはなりません。

現状に不満、将来に不安があるようなら、企業から最も求められる30代のうちに転職を。施工管理専門の求人・転職サイトに登録し、厳選情報を紹介してもらいましょう。

転職に成功した30代の施工管理技士の声

1級の資格を取得し、転職し年収150万円アップ
前職に在職中、施工管理技士1級の資格を取得したことがきっかけとなり、転職を決意しました。転職後は年収が150万円アップ。休日が多くなり、妻も喜んでくれています。とは言え退職時の引継ぎは結構大変。お世話になった人たちから、快く思われていないことはわかっていたので、精神的に辛い部分もありました。しかし現在は、以前よりも充実した毎日を過ごせるようになり、結果に満足しています。

施工管理技士の転職【40代編】

40代を迎えた時点での転職は、30代に比べ厳しさを増すのが一般的です。

しかし現在の建設業界は、局所的に活況を呈し、人材不足という問題を抱えています。実績と経験値の高い40代は、即戦力として大いに歓迎されるでしょう。有資格者なら、なおさら。

転職を考えるなら、今がチャンスです。

上部の「30代編」にも記しましたが、10年後の建設業界はグッと冷え込む可能性が高くなっています。

現在40代の人は、その時50代。転職がさらに難しくなることや、リストラの不安もあります。企業から求められる40代のうちに、将来を見据えた転職の検討を。

施工管理専門の求人・転職サイトに登録し、厳選情報を紹介してもらいましょう。

転職に成功した40代の施工管理技士の声

以前よりずっと良い待遇で働けるように…
20年間、出張で全国を飛び回りながら働いてきた会社ですが、退職を決意しました。現場、現場の毎日で家庭サービスもままならず、ついに離婚という結果を迎えてしまったからです。また何度も提出していた「異動願い」が全く受け入れられなかったことも、不満に繋がりました。転職サイトに登録後は、40代の私にも多くのスカウトメールが届きました。面接などは久し振りとあってかなり緊張しましたが、何とか転職に成功。以前よりずっと良い待遇で働けるようになりました。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧