今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 年代別に見る施工管理の転職事情 » 20代の施工管理転職

20代の施工管理転職

施工管理とは、土木や建造物などの建設に欠かせない、管理者業務のことを指します。

大手から中小まで、さまざまな建築会社が施工管理士を現場に配置し、プロジェクトの進捗を一任します。管理者は現場に赴いて、建設工事の準備から着工、完成までプロジェクトの全体を見守り、指揮しながら管理を行います。

施工管理者はいわば現場の責任者です。安全が徹底されていることはもちろん、工程や品質が守られているか、予算内に収まっているかどうかなど、チェックすべき項目は多岐にわたりますが、そのぶん大きなやりがいと実績につながります。

20代から施工管理に転職するには

20代で施工管理に転職する際には、今までの経験がみられます。

建設現場での勤務経験や、施工管理に関わってきたかどうかなどがみられますが、施工管理といっても建築・土木・造園など施工する場所はさまざまです。

未経験者でも転職できる?

結論から言うと・・・

まず1について。

現場によっては経験者が必須とされるところもありますが、かわって未経験で施工管理に就くこともできます。

未経験者の場合、まず施工管理の先輩について、サポートを行いながら大まかな流れや現場での状況の把握、管理の方法、職人さんとのコミュニケーションのとり方やタイミングなどを学びます。

次に2について。

慣れてくると指示の出し方もレクチャーされるようになり、次第に本格的な施工管理者としてのスキルを伸ばしていきます。

1年以上の工期がある現場では、着工から竣工までじっくりと取り組むことができるため、未経験者でもしっかりと成長していくことができるでしょう。

経験者の場合の転職について

経験者の場合はすでに施工管理についてのノウハウや実績があると判断されるため、現場での管理を任されるケースが少なくありません。

大規模商業施設や複合ビル、あるいは大規模マンションなど、大きな事業を手掛けるほどにスキルが身についていき、施工管理のプロとして実績を伸ばすことができます。

施工管理者としての実績が十分なレベルに達すると、国家的なプロジェクトに関わるチャンスも見えてきます。インフラ建設や整備、都市の再計画などに携わる可能性もあります。

20代で施工管理に転職するためのポイント

若いうちから施工管理者を目指すには、自分の持つスキルを十分に活かせるかどうかが求められます。

第一に、現場の職人さんや協力会社、あるいは社内の人々と十分にコミュニケーションが取れるかどうか。

施工管理者は基本的にチームでプロジェクトを進めていくお仕事なので、連携や各種調整作業が必須となります。

そのような場合に、進捗を把握しながら各所とスムーズに連携が取れるよう、コミュニケーション力を備えておく必要があります。

次に必須となるものが、現場でフルに活かせるマネジメント力です。工事の進行はいつも同じではなく、時に大幅な変更をよぎなくされる場合もあります。

そのようなときに、上司や職人さんの協力のもとで臨機応変に対応できるかどうかが、自分自身のマネジメント力の発揮どころといえるでしょう。

フットワークが軽いことも大切で、状況の変化に柔軟に対応できることが施工管理者にとって必須のスキルとなります。

20代で施工管理者になるための資格

未経験者で施工管理に必要とされる資格は特にないとされていますが、経験者の場合実務経験に加えて、1級・2級建築施工管理技士もしくは1級・2級土木施工管理技士という国家資格があります。

未経験からチャレンジする際には、これらの国家資格は不要となりますが、経験者から転職をはかる場合には、現場での実務経験が必須となり、場合によっては実務経験にプラスしてこれらの国家資格を取得していなければならないケースもあります。

20代の施工管理職の転職事情

現在、建設業界では街の再開発や再計画、都市型マンションの増加などによって、比較的景気が良くなっているといわれています。地震などの天災に備えられるよう、耐震化された建物に需要が集まっていることなどから、建築業界では今後も多くの需要が見込めるといえるでしょう。

建築業界はさまざまな職種のなかでも売り手市場と考えられているほどで、転職のおかげで給与が上がった、新たなキャリアアップにつながったという意見もみられます。そのため、他業種や建築関連企業、不動産関連企業などから転職を行う人も少なくありません。

建築現場に関わっていた、または建築に関して詳しい知識や経験を持っている人などは転職に有利とされていますが、未経験者可の求人については、誰でも施工管理者に応募することはできます。その場合、社内と現場で詳しい業務の流れを学び、ステップアップしていくことが可能です。

このように未経験者にも門戸が開かれているだけでなく、最近では施工管理者に女性を登用する企業も増えてきています。

従来の建築業界では女性が少ないといわれていましたが、女性の就労に関する理解が深まりつつある今では、女性も活躍の場を求めることができます。

20代の施工管理職のキャリアステップについて

未経験から、あるいは経験者から施工管理に就く場合、まずは現場に慣れていくところから始めます。いきなり大規模な現場に出されるケースは多くはなく、無理のないところから徐々に業務を知り、学んでいくところから始まります。

実務経験の量が増えてくるほど多くの現場に赴くことになりますが、基本的に建設工事現場の営業所では「2級以上の施工管理技士の有資格者を1名以上配置する」ことが義務付けられているため、入社後に施工管理技士の資格取得がすすめられます。

つまり、資格試験にチャレンジしつつ、実務経験も積み重ねていくことが、キャリアアップへの大きな近道となるのです。

建築施工管理技士は、建築や土木などに携わる企業に所属しながら働くのが一般的です。多くの場合、経歴や経験、資格の有無などから現場で即戦力として採用されますが、大規模なプロジェクトや国家的な事業に携わる場合、相応のキャリアが求められます。

キャリアだけがすべてではありませんが、仕事の性質からいって、一定規模以上のプロジェクトや公共的な事業については、信頼性の高い施工管理者が求められることはいうまでもありません。

最初は未経験、もしくは実績が少なくても、現場を数多く踏むことで管理者としての手腕を磨いていき、スケジュール管理からスタッフ、職人さんとのスケジュール調整もスムーズになっていきます。

資格の取得と合わせて、現場で必要なスキルをフルに活かせられるようになれば、今までに携わったことのない事業に管理者として入ることも可能ですし、新たに転職をしてさらに高いステップへと登ることも可能となります。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧