今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

年収アップのための施工管理転職ガイド » 年代別に見る施工管理の転職事情

年代別に見る施工管理の転職事情

このカテゴリでは、施工管理の転職事情を、年代別に調査しています。

今日も全国各地で行われている、各種の工事。その現場には必ず、監督となる施工管理者の存在が求められています。

特に近年は被災地の復興や、2020年のオリンピック開催を控えた首都圏の建設ラッシュなど、各種の追い風が業界に吹き、人材不足に悲鳴を上げている企業も数多いのです。

もしあなたが現在の職場で「休日を返上して働いているのに、充分な報酬が得られていない…」などの不満を感じているなら、今が転職のチャンスかもしれません。

これまでに培った経験や、所有している資格を正当に評価してくれる企業を求め、本気で転職を考えてみてはいかがでしょうか?

本カテゴリには、以下のページを設けてみました。

30~40代の施工管理転職

一般的に働き盛りと言われる年代が、こちら。建設業界でも、この年代の有資格者は、引く手あまたと言えます。

「今のところ何とかやっていけているし、忙しくて転職活動している暇がない」という意見も挙がりますが…。果たして10年後も同じ気持ちでいられるでしょうか?いま一度真剣に考えてみる必要がありそうです。

30~40代の施工管理転職について詳しく見る

50~60代の施工管理転職

一般的には転職の口がグッと減ってしまうのが、この年代。

しかし、近年活況を呈している建設業界では、まだまだ求人が多く、ベテランとして活躍できる現場が数多く用意されているのをご存知ですか?

もし「このまま終わりたくない」と考えているのなら、今が最後のチャンスかもしれません。

50~60代の施工管理転職について詳しく見る

未経験者でも施工管理の仕事はできる?

全くの未経験から施工管理者になることは、果たして可能なのでしょうか?たくさんのスタッフを束ねなければならない、責任重大な仕事です。

中には気難しい職人さんもいますから、素人は歓迎されなさそうですが…、果たして現場の実態は?

未経験者でも施工管理の仕事はできる?について詳しく見る

ぜひ各ページの内容に目を通してみてください。そして今後、転職について考える際に、お役立ていただければと思います。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

関連ページ

コンテンツ一覧