年収アップを成功させるための施工管理転職ガイド

今登録すべき施工管理の転職に役立つ求人サイトを紹介

好況に沸く建設業界で、施工管理技士が転職に成功するには?

希望の年収や待遇を叶えてくれる、施工管理の求人サイトにまずは登録!

2020年の東京オリンピック開催に向けた建設ラッシュ、そして被災地の復興事業と人手不足な建設業界。施工管理職に就く人が転職を考えるなら、またとない好機と言えます。その一方で、残業が多いなど、ハードな一面もある職種ですので、転職先選びは、慎重に行わなくてはなりません。あなたの望む年収や待遇を叶える求人を、豊富に抱えている転職サイトのサポートを受け、より良い転職を実現しましょう!

施工管理で転職するなら、
鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職希望の施工管理技士をサポートするサービスを上手に活用!

建設業界に限らず、転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダードです。その種類は数多く、中には施工管理職の求人情報に特化した専門サイトもあります。転職情報を調べるなら、最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。施工管理特化型から質の高い施工管理の求人を獲得し、大手から転職に関する情報をゲットするなど、上手に使い分けていきましょう。

スーパーゼネコンや大手ゼネコンなど質の良い高収入な求人が豊富

施工管理求人ナビキャプチャー

画像参照元:施工管理求人ナビ公式サイト
https://sekokan-navi.jp/

施工管理求人ナビ

施工管理職を中心に、設計やCADオペレーターなど、建設業界の求人情報のみを掲載している専門サイトです。スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質が良く高収入が期待できる求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という、輝かしい転職支援実績を誇っているサービスなので、施工管理の経験者は要注目ですね。

公式HPで求人を
CHECK
する

電話で問合わせる

特徴

施工管理技士の転職に精通したアドバイザーがサポート

総合転職サイトとは異なり、求人への応募に際しては、施工管理求人ナビが提供する「転職支援サービス(無料)」に申し込む流れとなります。登録すると、施工管理技士の転職に精通したプロのアドバイザーが相談に応じる、対面サービスを受けられます。

おすすめポイント

  1. スーパー・大手ゼネコンを中心に、安心かつ高額な求人情報が豊富。
  2. 転職支援サービスでは、独占求人や非公開求人情報も多数提供。
  3. お祝い金進呈制度あり。企業によっては100,000円以上の場合も。
  4. 「利用者の92%が収入アップに成功」という転職支援実績あり。
  5. 50代以上の求職情報に特化したサイト「セコカンR60」も運営。

施工管理求人ナビに寄せられた
口コミ評判

まさかのゼネコン転職が
決まって大喜びです

地方の建設会社で働いていましたが、施工管理求人ナビのおかげでゼネコンへの転職が実現しました。「まさか地方でくすぶっていた自分が…」と、嬉しい気持ちでいっぱいです。

転職後も手厚いサポートを提供してくれます

施工管理求人ナビのおかげで、無事転職に成功。転職後もサポートチームから連絡があり、冗談交じりに「給料を上げてほしい」と言い続けたら本当に上がってビックリしています。

派遣社員から
大手ゼネコンの正社員に

施工管理求人ナビを利用し、好条件で大手ゼネコンの派遣として働くことに。サポートが充実していて、新たな道を切り開いてくれます。現在は、その大手ゼネコンの正社員として働いています。

基本情報

運営会社
C4株式会社
求人数
公開求人約2,000件、非公開求人1,000件以上
雇用形態の種類
正社員、契約社員、派遣社員
対応エリア
全国

施工管理求人ナビ公式HPを見るhttps://sekokan-navi.jp/

電話で問合わせる

独自の求人も含む100,000件以上の情報を掲載中

俺の夢キャプチャー

画像参照元:俺の夢公式サイト
https://www.oreyume.com/

俺の夢

施工管理職を中心に、建設業界の求人情報を100,000件以上掲載しているサイト。この数字が実現するのは、ネット上のあらゆる求人情報を一括検索できるサービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているから。もちろん、中には独自の求人情報も含まれていますよ。

公式HPで求人を
CHECK
する

電話で問合わせる

特徴

たくさんの求人の中からその人に合った施工管理の求人を提案

「俺の夢」のサイトで紹介されている求人への応募に際しては、同サイトが提供する「無料転職支援」に申し込む流れとなります。登録すると、相談員が転職の目的や希望条件、経歴などを聞き取り、最適と思われる施工管理の求人情報を提案してくれます。

おすすめポイント

  1. 100,000件という求職情報掲載数は、業界内でもトップクラス。
  2. 「年齢不問」、「中途入社5割以上」などの条件で情報を絞り込める。
  3. お祝い金進呈制度あり。企業によっては最大100,000円の場合も。
  4. 「業界経験者対象の会社説明会」などのイベントも主催している。
  5. サイト内には、施工管理の転職に役立つコラム記事も掲載している。

俺の夢に寄せられた
口コミ評判

経験値を活かせる仕事を
紹介してくれました

自分が希望する仕事、場所を丁寧に探してくれたので、こちらのサービスには本当に感謝しております。転職後の現在は、若手社員の教育も任され、過去の経験も活かせています。

上場企業が運営している
サービスなので安心

「俺の夢」は運営会社が上場企業なので、組織がしっかりしていると思います。今回紹介していただいた企業も大手企業のため、転職後に感じている仕事のやり甲斐は大きいです。

休みがしっかり取れる仕事につけたので嬉しい

休日出勤はほぼなく、週休2日の仕事が決まったので嬉しく思っています。現場でストレスを感じても、プライベートの時間があればリセットできるので、何とか頑張れそうです。

基本情報

運営会社
株式会社夢真
求人数
100,000件
雇用形態の種類
正社員、契約社員、派遣社員
対応エリア
全国

俺の夢公式HPを見るhttps://www.oreyume.com/

電話で問合わせる

施工管理において、半数以上が年収アップの転職に成功

リクナビNEXTキャプチャー

画像参照元:リクナビNEXT公式サイト
https://next.rikunabi.com/tech_doboku/lst_jb0808020000/

リクナビNEXT

リクルートグループが運営している就職情報サイト。施工管理に関しては「建築・土木技術職の転職・求人情報」の中から「施工管理・設備・環境保全の求人」を選択することで、情報を絞り込めます。建設業界の求人は全体の3%とやや振るわないものの、全体で60%の人が年収アップの転職を実現しているそうですから、注目ですね。

公式HPで求人を
CHECK
する

電話で問合わせる

特徴

スマートフォン専用のアプリケーションも!

リクナビNEXTは無料の会員登録制サイトなので、PCやスマホを活用するかたちで求人情報のチェックや応募が可能。スマートフォン専用のアプリケーションも立ち上げ済みですので、いつでもどこでも利用することができます。なお同サイトの求人情報は、毎週水曜日と金曜日の週2回、更新されているようです。

おすすめポイント

  1. マイページやスカウト機能があり、転職活動の情報を整理しやすい構成。
  2. 独自取材の求人情報を掲載。企業特徴や社員インタビューが参考になる。
  3. 「リクルートエージェント」という、対面式の無料転職支援サポートも用意。
  4. 転職相談や求職情報提供のほか、模擬面接などにも対応してくれる。
  5. 「はじめての転職フェア」などのイベントも、全国で主催。

リクナビNEXTに寄せられた
口コミ評判

家庭のためにも時間が
割けるようになった

前職は時間が不規則で、転勤もありました。家庭が二の次になってしまう不安は大きかったのですが、転職後はきちんと休みが取れるようになり、仕事への集中力も高まっています。

ハウスメーカーで新たな
可能性に挑戦

ハウスメーカーの施工管理職に転職できました。以前の会社よりも人間関係が良く、自分の意見も遠慮なく発言できるので、仕事が楽しいです。残業時間も少なくなりました。

残業代も出て、思い切って転職して正解だった

給与条件がとても良い会社を紹介してくれました。「自分の場合でも大丈夫かな?」と心配でしたが、実際には残業代もきちんと出ているし、文句なしです。転職して良かったです。

基本情報

運営会社
株式会社リクルートキャリア、株式会社リクルートジョブズなど
求人数
約1,000件
雇用形態の種類
正社員、契約社員
対応エリア
全国

リクナビNEXT公式HPを見るhttps://next.rikunabi.com/

電話で問合わせる

資格を持っていると給料アップ!
施工管理技師の種類

転職を有利に働かせるためには
必須の国家資格

工事現場の責任者である施工管理技士の資格は、試験で合格すると取得できます(2級学科試験のみ、実務経験がなくても受験が可能)。「土木」「建築」「電気工事」「管工事」「建設」「造園」と専門性の異なる6種類の施工管理の資格があり、それぞれ1級、2級とあります。1級の資格を持っていると転職に有利です。

  • 土木施工管理技士

    道路や鉄道、水道などの工事現場の管理監督をする仕事のための資格。規模が大きくなりやすい工事なので、有資格者の存在が現場で重宝されることは疑いようもありません。

    詳細を確認する

  • 建築施工管理技士

    住宅やマンション、ビルなどの工事現場のための資格。1級を取得すると「専任技術者」や「主任/監理技術者」となることが認められるので、転職や待遇改善に大いに役立ちます。

    詳細を確認する

  • 管工事施工管理技士

    ガス管や水道管などの工事現場の管理監督をする仕事のための資格。有資格者が多い企業は、公共工事を請け負う際に優遇されやすいため、どの建築会社も人材を求めています。

    詳細を確認する

  • 電気工事施工管理技士

    電気や通信などの工事現場を管理監督する仕事のための資格。1級の有資格者がいれば、3,000万円を超える金額の電気工事を請け負えるようになるため、引っ張りだこです。

    詳細を確認する

年代別に見る施工管理の転職事情

好況下だからこそ考えたい、
転職の可能性

もしあなたが現在の職場に不満を感じているようなら、今が転職のチャンスかもしれません。これまでに培った経験や、所有している資格を正当に評価してくれる企業を求め、本気で転職を考えてみてはいかがでしょうか?

番外編未経験者でも施工管理の仕事はできる?

誰でもはじめは素人、されど…

全くの未経験から施工管理者になることは、果たして可能なのか?調査しています。施工管理職は、現場で働いているたくさんのスタッフを束ねなければならない、責任重大な仕事です。中には気難しい職人さんもいますから、素人は歓迎されなさそうですが…。果たして現場の実態はどのようになっているのでしょうか?

詳細を確認する

施工管理の働き方別
メリットデメリット

施工管理技士に用意された
3つの雇用形態

建設業界の雇用形態には近年、多様性が生まれてきました。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員の数は、増加の一途をたどっているようです。それぞれの長所・短所を把握し、自分に合った雇用形態で働くことが大切です。

正社員

安定感の高さが何よりも魅力

最もスタンダードな雇用形態として、周囲の人たちからも好評を得やすいのが、正社員です。安定感の高さは最大のメリットですが、デメリットがあるのも事実。メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

詳細を確認する

契約社員(嘱託)

条件の良い契約が得られるかがカギ

契約社員は、期間限定の社員でありながら、労働者が直接企業と契約を交わす雇用形態。嘱託で働いている方も多いようです。企業との関係性によって、感じられるメリット・デメリットにも差が生まれてきそう。

詳細を確認する

派遣社員

自らの過渡期に上手に活用したい

派遣会社が現場を斡旋してくれるのが、この雇用形態。施工管理の場合、給料が比較的高めですが、どっぷりと頼り切るのも考えもの…。ひとつのステップやフェイズとして上手に活用すべきかもしれません。

詳細を確認する

【規模別】ゼネコンの施工管理転職の
メリット・デメリット

ゼネコン

会社規模により異なるゼネコン

ゼネコンで働く場合、大手になればなるほど給与は良くなりますが、手掛ける大規模プロジェクトを管理するのは、並大抵のことではありません。また近年は、地域の大型建設を請け負う「地場ゼネコン」の業績は悪化しつつあります。

詳細を確認する

施工管理技士の転職先の主な仕事内容

転職先では何に取り組む?その多彩なバリエーションに注目

施工管理技士とひと口に言っても、その専門性には多彩なバリエーションがあります。転職の際、これまでの経験を活かすのか、それともあえて未経験の分野へ飛び込んでみるのか、選択するのはあなた自身です。

施工管理の転職前に知っておきたい基礎知識

今しかない!施工管理技士の転職を成功させるには

首都圏や東北地方では建設業界が活況を呈しており、人材不足も深刻!施工管理技士が転職を考えるなら、今が絶好のチャンスかもしれません。本気の転職を行動に移す前に、ぜひ基礎知識を深めておきましょう。

今すぐ登録したい!
施工管理転職・求人サイト一覧

転職したい!そう考えたらチェックすべきはこのサイト

施工管理の転職情報を掲載した求人サイトを紹介しています。全ての求人サイトに登録する必要はありませんが、選りすぐりの質の良い案件を紹介してくれる、施工管理の転職に強い求人サイトにはマストで登録しましょう。

施工管理求人ナビ

利用者の9割以上を転職に成功させる神サイト

施工管理職を中心に、設計やCADオペレーターなど、建設業界の求人情報のみを掲載している専門サイト。「利用者の94%が転職に成功」という、輝かしい転職支援実績を誇ります。

俺の夢

建設業界の求人情報が大集結するポータルサイト

こちらも建設業界の求人情報掲載のみに特化したサイトです。求人情報を一括検索できるサービス「indeed(インディード)」と連携し、10万件以上の求人情報を掲載しています。

建設・設備求人データベース

施工管理の求人情報が全体の半数を占めるサイト

常時5,000~10,000件程度の求人を掲載。業界特化型の求人情報サイトの中でも、かなり豊富な取扱件数と言えます。なかでも施工管理の求人情報は全体の半数以上にも及びます。

施工管理job

未経験者からベテランまでの転職ニーズに対応

こちらも施工管理の求人情報サイト。大手ゼネコンから優良工務店まで、全国の情報を網羅。また「未経験者OK」から「60代のベテラン歓迎」まで、多彩なニーズに応えています。

施工管理転職ナビ

建設業界の求人情報取り扱いに専門性あり

運営元は人材紹介業や広告代理店業を営む会社、兄弟サイトとして「ビルメン転職ナビ」や「電験ナビ」も運営しており、建設業界の求人情報の取り扱いに専門性を有しているようです。

Aworker(エーワーカー)

建設建築業界に特化した求人サイトの先駆者

2004年にスタート。建築設計業界に特化した就職/転職/アルバイト求人情報サイトのパイオニアのひとつとして、10年以上の期間を駆け抜けてきた歴史を持っているサイトです。

リクナビNEXT

精度の高い求人情報はリクルートならでは

リクナビNEXTで紹介する施工管理の仕事は、未経験者から経験者向けまで幅広くあります。自分の強みを見つける診断テストや、転職活動のノウハウなどもサイト内で紹介。

マイナビ

知名度は抜群に高いマイナビブランドの転職サイト

職種・業種未経験の案件も豊富に取り扱っているマイナビ。施工管理の仕事が未経験の人にもピッタリな求人を見つけることができそうです。転職支援サービスも充実しています。

DODA

転職雑誌として歴史と実績有!建設業界にも強い

もともとは転職雑誌として一世を風靡。2000年代からインターネットに移行しています。建設業界の求人情報を数多く取り扱っており、その割合は全体の15%近くにまで及びます。

エンジャパン

情報の細分化された転職サイトを15以上運営

エンジャパンのエン転職で紹介する施工管理の転職・求人情報は、年収300~500万円の案件が充実しています。経験者はもちろん、未経験者向けの求人情報の取り扱いも…。

鉄板で登録すべき求人サイト3選

転職を考えるなら求人情報を掲載した転職サイトを活用するのが、近年のスタンダード!最低でも「施工管理特化サイト」2社+「大手転職サイト」1社には登録しておきたいもの。以下の3社は押さえておきましょう。

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビキャプチャー

業界に精通したアドバイザーがサポート

スーパーゼネコンや、大手ゼネコンなど、質の良い高収入の求人情報が集まっていると評判。「利用者の94%が転職に成功」という実績も。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

俺の夢

俺の夢キャプチャー

100,000件以上の情報を掲載中

求人情報一括検索サービス「indeed(インディード)」と連携し、建設業界に特化した求人情報だけを抽出しているサイトです。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

リクナビNEXT

リクナビNEXTキャプチャー

リクルートが運営する転職希望者向けサイト

リクルートグループが運営している3つの就職情報サイトの中でも、転職希望者向けに情報が特化されているので、要注目です。

公式HPで登録する

電話で問い合わせる

コンテンツ一覧